スポーツレジャーシステムズ

GADeRo(ガデーロ)

GADeRoは暗証番号で開く自動開閉ドア付きの配膳ロボット。運搬中(配膳中)はドアを閉めて飛沫やほこり、ウイルスなどから商品をガードできる。また、ドアをロックすることもでき、配送するたびに作成した暗証番号を専用デバイスに表示することで、注文した人だけが暗証番号でドアを開けられる機能も用意されている(オプション)。 スポーツ・レジャー関連のソリューションプロバイダーとしてボウリング関連のソフトウェアやハードウェアの開発を主に行ってきたスポーツレジャーシステムズ(SLS)が開発した。

日本 株式会社スポーツレジャーシステムズ 配膳 配送 店舗 飲食店 法人

製品詳細

概要
販売開始
価格
価格詳細
サイズ 高さ1260mm、幅456mm、奥行き560mm
カラー
重量 50kg
開発環境
自由度
バッテリー 稼働時間:約10時間/充電時間:約5時間/稼働電力:60W
センサー 障害物感知センサー
通信方式
公式サイト https://e-sls.com/s-system/

スポーツレジャーシステムズ

GADeRo(ガデーロ)

Beijing Yunji Technology

YUNJI DELI(ユンジ デリ)

YUNJI DELIは最大50kgの荷物を配送できる大容量な積載スペースを兼ね備えた自律走行型配送ロボット。身長は約71cm。主に、飲食店や宴会場での配膳/下膳用途での活用からはじまっている。 各種センサーにより空間や障害物を認識し、簡単な操作で配送先を指定するだけで安心・安全に目的地まで配送する。また、前後両方向への走行が可能なため、Uターンするスペースがない狭い通路(幅70cm)においても、往復が可能。YUNJI DELIは中国のBeijing Yunji Technologyが提供、NECネッツエスアイが国内独占販売権を取得し、日本国内向けサービスを販売する。

中国 Beijing Yunji Technology 輸送 配膳 配送 飲食店 法人

製品詳細

概要
販売開始 2020年8月19日
価格
価格詳細 参考価格:月額11万円(税抜)~ ※3年契約(機器レンタル・センドバック保守含む) ※導入作業・カスタマイズ、電話受付・オンサイト保守等の費用は別途必要。※参考価格は2020年8月19日に発表されたものを記載しています。
サイズ 高さ118cm、幅49cm、奥行き71cm
カラー
重量 80kg
開発環境
自由度
バッテリー バッテリ:リチウム電池(35Ah)、連続稼働時間:10時間(待機状態)、6時間(充電時間)
センサー
通信方式 Wi-Fi、3G/LTE
公式サイト https://symphonict.nesic.co.jp/yunji-deli/

Beijing Yunji Technology

YUNJI DELI(ユンジ デリ)

アンドロボティクス

FRUTERA(フルテラ)

FRUTERAは予め記憶させた施設情報をもとに、厨房から提供するテーブルまでの経路を自ら判断して走行する自律航行運搬ロボット。レールやマーカー等、自律走行のための設備は不要で、テーブルなどのレイアウト変更にも柔軟に対応できるのが特徴。人や障害物を検知した際は音声で注意を促しながら指定されたテーブルまで飲食物等を配膳する機能もある。スマホのアプリ等と連携してQRコードで前後の扉を開けることもできるため、収納スペースで有料商品を販売するといったことも可能。なお、FRUTERAはコンパクトサイズのA-ROBOT-101-Bと、A-ROBOT-101、オプションとして保温冷機能、除菌装置等をラインナップする。(画像1枚目の左が101-B、右が101)

日本 アンドロボティクス 配膳 配送 商業施設 店舗 法人

製品詳細

概要
販売開始
価格
価格詳細
サイズ
カラー
重量
開発環境
自由度
バッテリー
センサー
通信方式
公式サイト https://www.androbo.co.jp/business/r-division/frutera

アンドロボティクス

FRUTERA(フルテラ)

ソフトバンクロボティクス

Servi(サービィ)

Serviは飲食店やホテル・旅館、小売店などで従業員と共に働くことを目的に開発されたソフトバンクロボティクスの配膳・運搬ロボット。スタッフは料理を配膳したいテーブルを選ぶだけで「Servi」が自律移動して運ぶ。複数のテーブルを選択すれば、選んだ順番にテーブルを回ることが可能。3基の3Dカメラと、高精度なLiDARを搭載し、人はもちろん、靴やかばんなど、小さな物を滑らかに避け、料理などを安定的に運ぶことができる。ルートを事前に学習させるため、テーブルや天井に目印などを設置する必要がなく、運用時もWifiが不要(導入時のみWifiを使用)。走行ルートやテーブルの位置を学習させるには、タブレットを使って「Servi」を遠隔操作することで店内の状況を学習できる。 販売開始は2021年1月を予定。料金は3年レンタルプランで月額9万9,800円(税抜)。「焼肉きんぐ」や「ゆず庵」で知られる株式会社物語コーポレーションでは300店以上への導入が決定している。なお、「Servi」は配膳ロボットで実績とノウハウを持つBear Roboticsとソフトバンクロボティクスとのパートナーシップをベースに開発された。

日本 ソフトバンクロボティクス 配膳 配送 商業施設 飲食店 法人

製品詳細

概要
販売開始
価格
価格詳細 3年レンタルプランで月額9万9,800円(税抜)(メンテナンスや故障修理費用等を含む)
サイズ 約 H1,051mmx W462mmx D486mm
カラー
重量 約35kg(バッテリー内蔵)、最大積載重量:合計最大35kg(上段/中段/下段それぞれ15kgまで)
開発環境
自由度
バッテリー 充電時間:約4時間、連続稼働時間:約12時間
センサー
通信方式
公式サイト https://www.softbankrobotics.com/jp/product/servi/

ソフトバンクロボティクス

Servi(サービィ)