DMM.comがPwCとのロボット分野での協業を発表!「Palmi(パルミー)」の新プランも

株式会社DMM.comは、本日1月14日、世界最大級のコンサルティングファーム・プライスウォーターハウスクーパースとのロボット分野での協業を発表した。

DMM.comは昨年4月に世界初のロボットキャリア事業「DMM.make ROBOTS」をスタート。Palmi、BOCCOを始めとする5種類のロボットラインナップを自社ブランドサイトなどで販売するほか、ハードウェア開発をトータルでサポートする総合型モノづくり施設の「DMM.make AKIBA」と連携させることでロボット開発ベンダーのサポートを行っている。今回の協業では、この1年間で培ったロボット開発のノウハウと販売プラットフォームを活用し、ロボットの仕様検討ならびに量産販売を支援していく。

協業のイメージ

dmm_pwc-1



対してPwCは、2015年11月より、ロボットを活用したイノベーションを目指す企業に対し、企画検討から、コンセプトデザイン・導入・運用までトータルにサポートするコンサルティングサービスの提供を開始している。

PwCは、ロボット分野への参入の理由について、「私たちは、ロボットが今後のテクノロジー業界のキーデバイスになる、人間の生活を変える、日本製造業の自動車と並ぶ柱になると考えています。そんな中で、ロボット市場を成長させるためには、ベンチャーや大企業だけでなく “仲介する役割” が必要で、中立な立場で市場成長を語れる、後押しができる、実行できるという意味でコンサルティングファームのような存在が必要不可欠だと考えました。それに注力しているコンサルファームが今はまだ日本にいなかったということが参入の理由です」と説明している。

PwCは、今回の協業により、ロボット事業への参入を検討する企業に対し運営・事業成長支援や、ロボット事業でのIPOを含め、成長段階に応じた支援を一貫して提供する予定。ロボット活用を検討する企業に対しては導入およびソフトウェア開発をサポートしていく。


palmi-dmm2
また、DMM.make ROBOTSは、今回の協業発表と併せて、Palmiの新サポートプラン「Palmi at Support(仮称)」の展開を開始。現在の「Palmi」に修理無償対応など様々なサポートがセットになったプランで、標準価格は498,000円(税別)。今月の出荷開始を予定している。サポート内容は以下の通り。

Palmi at Support(仮称)

・セッティング変更 -完全成長など-
・修理無償対応(年2回まで)
・修理期間中の代替機の貸出
・すぐ使える簡易受付対応アプリ



Palmi以外のラインナップの法人活用も検討しているとのことで、例えば、BOCCOはスマートハウス(生活体験)の新しいインタフェースとして、プリメイドAIは新しいアミューズメントエンターテイメントの付加価値としての活用を期待している。

両社は、「ロボット開発ベンダーの支援を共同で推進し、法人・企業分野において今後活用が期待されるロボットを安定的に市場に提供していくことで、ロボット産業の育成に貢献していきたい」と今後の展望を述べている。



ABOUT THE AUTHOR / 

望月 亮輔
望月 亮輔

1988年生まれ、静岡県出身。ロボスタ編集長。2014年12月、ロボスタの前身であるロボット情報WEBマガジン「ロボットドットインフォ」を立ち上げ、翌2015年4月ロボットドットインフォ株式会社として法人化。その後、ロボットスタートに事業を売却し、同社内にて新たなロボットメディアの立ち上げに加わる。