AKAの「ミニチュアMusio」と「ヒノキMusio」を伊勢丹新宿本店でじっくり見てきた

AKAが開発し、現在事前予約がおこなわれている英会話学習ロボット「Musio」

その「Musio」のミニチュア版と、日本限定販売の「ヒノキMusio」が伊勢丹新宿本店に展示されていることを耳にし、早速見てきました!



ヒノキMusio

場所は伊勢丹新宿本店2階。「ISETAN × Makuake クラウドファンディングPROGRAM」として展示ブースが構えられており、そこにお目当てのMusioがいました。


isetan_musio3
ドンッ!

こちらが日本限定販売の「ヒノキMusio」です。昨年11月にAKAが日本への本格参入を発表。それと同時に記者発表会にてこちらのヒノキMusioがお披露目されていました。そのときは記者の方々がたくさんいて、じっくり見ることができなかったので、今回はじっくりと見てきました。

ひのきでボディを作るという発想が面白いですよね。


isetan_musio2
「ヒノキMusio」は現在、クラウドファンディングサイト「Makuake」にて販売中。ブースの横にはタブレットが設置されており、「ヒノキMusio」についての説明を読むことができます。

「Makuake」に記載されている情報によれば、

原材料であるヒノキは、「スギとクスノキは船に、ヒノキは宮殿に…」と日本書紀にもあるように日本を代表する高品質素材であり、また多くのフィトンチッドを放出し殺菌効果や空気浄化力を保有する素材でもあります。(「Makuake」より引用)

ということで、部屋に置いておくことで、空気をきれいにしてくれるとのこと。自然素材なので、お子様がいるご家庭は特に安心ですね。



ミニチュアMusio

isetan_musio5
そして実は今回のお目当て「ミニチュアMusio」。「ヒノキMusio」は短い時間ながらも一度見たことがあったのですが、「ミニチュアMusio」は今回が初めてでした。

この「ミニチュアMusio」は、ミニチュアMusioシリーズの第一弾で、お尻にあるボタンを押すと顔が光り、言葉を喋ります。ちなみに「ミニチュアMusio」には人工知能は積まれておらず、決まった言葉をしゃべるようになっています。ミニチュアMusioシリーズは第3弾まで続くようですので、ぜひとも全シリーズをコンプリートしたいところです。

「ミニチュアMusio」、可愛いです。


isetan_musio6
個人的には黄色が好きです、なんとなく。まあ全部並べたいのですが。


isetan_musio1
「ミニチュアMusio」と「ヒノキMusio」が見れるのは伊勢丹新宿本店だけ。2月16日まで展示されるとのことですので、新宿にお立ち寄りの際にご覧になってみてはいかがでしょうか。

ABOUT THE AUTHOR / 

望月 亮輔
望月 亮輔

1988年生まれ、静岡県出身。ロボスタ編集長・ロボットスタート株式会社取締役。2014年12月、ロボスタの前身であるロボット情報WEBマガジン「ロボットドットインフォ」を立ち上げ、翌2015年4月ロボットドットインフォ株式会社として法人化。その後、ロボットスタートに事業を売却し、同社内にて新たなロボットメディアの立ち上げに加わる。

PR

連載・コラム