Jibo・BUDDYへ出資のCAC、感情認識AI「Affectiva」の国内初の販売代理店に

企業向けITサービスを展開する株式会社シーエーシーは、感情認識AIを開発するAffectiva, Inc.と日本国内初の販売代理店契約を締結し、Affectiva社のサービスとソフトウェアの販売を開始したことを発表した。

Affectiva社は2009年に米国マサチューセッツで設立された、顔画像分析等による感情認識を行うプラットフォームの開発を行う会社。同社の感情認識ソフトウェアは、偏りのない消費者の反応をキャプチャしてリアルタイムで計測し、瞬間的に生じる自然な感情を98%の精度で分類するという。

Affectiva社は、世界75ヵ国で、400万人以上の表情を分析し、500億件に上る感情データポイントを収集し、世界最大級の表情と感情のデータを蓄積している。すでに、世界各国の市場調査、メディア、広告、ゲーム市場でグローバルに使用されており、1400以上のブランドで消費者の感情テストに用いられるなど、感情認識AIの市場を牽引する存在だ。


affectiva-04

リアルタイムに感情を取得することができる

affectiva-03

時間の変化による感情の変化を追うことができる

affectiva-02

読み取った感情を元に絵文字に変換

CACグループでは、この5月にAffectiva社への出資を行ったのに続き、今回の販売代理店契約締結により、感情認識AIビジネスに具体的に着手した。

Affectiva社の感情認識ソフトウェアにより、広告、医療、自動車など多くの分野で、パーソナライズされた体験の提供が可能になり、例えば、患者の心の状態に応じた医療アプリケーションの開発などが可能になる。

CACは、Affectiva社のサービスとソフトウェアの販売、メンテナンスとサポート、導入のコンサルティングと構築などを行うという。

「今後、製品開発、教育、人材サービスなどの分野で感情認識AI活用への積極的な提案を行うとともに、Affectiva社のソフトを組み込んだ自社サービスの開発、ソーシャルロボット事業での活用にも取り組んでいきたい」とCACは語っている。

CACは、JiboやBUDDY等、話題のソーシャルロボットへの出資も行っている。

ABOUT THE AUTHOR / 

望月 亮輔
望月 亮輔

1988年生まれ、静岡県出身。ロボスタ編集長・ロボットスタート株式会社取締役。2014年12月、ロボスタの前身であるロボット情報WEBマガジン「ロボットドットインフォ」を立ち上げ、翌2015年4月ロボットドットインフォ株式会社として法人化。その後、ロボットスタートに事業を売却し、同社内にて新たなロボットメディアの立ち上げに加わる。

PR

連載・コラム