【速報】Pepper海外初進出、「台湾」で法人向け販売開始!

ソフトバンクロボティクスホールディングス株式会社の人型ロボット「Pepper」が、フォックスコン・テクノロジー・グループ(以下「フォックスコン」)の子会社である Perobot 社(本社:台北市)を通じて、2016年7月25日から台湾で法人向けに販売されることが発表された。Pepperが海外で販売されるのは今回が初めての例。

また、本日より、同じくフォックスコンの子会社である Asia Pacific Telecom の台湾の店舗で、Pepperのデモンストレーションが実施される。

Pepperはアメリカで今年中に販売されるのではないかという現地報道もあった。価格等の細かい情報は発表されていない。

追記:台湾版Pepperは、現地語(中国語)を喋るそうです。

ABOUT THE AUTHOR / 

望月 亮輔
望月 亮輔

1988年生まれ、静岡県出身。ロボスタ編集長・ロボットスタート株式会社取締役。2014年12月、ロボスタの前身であるロボット情報WEBマガジン「ロボットドットインフォ」を立ち上げ、翌2015年4月ロボットドットインフォ株式会社として法人化。その後、ロボットスタートに事業を売却し、同社内にて新たなロボットメディアの立ち上げに加わる。

PR

連載・コラム