「Pepper App Challenge 2017 Autumn」の特設ページがオープン! 作品応募は8月25日から

ソフトバンクロボティクス株式会社は、Pepperのロボアプリの最優秀賞を決定する「Pepper App Challenge 2017 Autumn」の開催を発表、スケジュールや審査基準などを特設ページにて公開している。

4度目の開催となる今回は、ロボットの可能性をさらに広げることを目指して、「ロボットも最新技術を求めてる」をテーマに、IoTやAIなどの最新技術とPepperを連携させたロボアプリなどを中心に幅広く募集する。応募受付は8月25日(金)から10月下旬まで特設ページにて行われ、最優秀賞を決定する決勝大会は、2017年11月22日(水)に東京都中央区のベルサール汐留で開催する。

今回発表された情報によれば、「Pepper App Challenge 2017 Autumn」では、企画書と動画による一次審査を、「最新技術活用」「ユーザー体験価値」「実用性」の審査基準をもとに行うという。前回2月に開催された「Pepper App Challenge 2017」では、「課題解決」「革新性」「実用性」「独創性」などの審査基準が設けられていたが、今回はシンプルでわかりやすい審査基準になったように感じる。

その後、審査事務局による二次審査において高い評価を得た10のロボアプリが決勝大会に進出、決勝大会では審査員に向けてプレゼンテーションが行われ、「最優秀賞」「AIソリューション賞」「IoTテクノロジー賞」「ビジネスイノベーション賞」などが選出される。

最優秀賞には賞金100万円と限定グッズが、各賞には賞金10万円と限定グッズが贈られるという。

審査員はまだ未定で、決定され次第特設サイトにて発表が行われる。

また開催に際し、9月16日に「ペッパソン2017西の陣」が大阪で開催される。これはPepper App Challengeへの応募作品を作ることを目指すハッカソンで、50名の規模で開催されるという。東京でも9月の下旬にペッパソンの開催が予定されており、こちらも注目が集まるだろう。

ABOUT THE AUTHOR / 

ロボスタ編集部
ロボスタ編集部

ロボスタ編集部では、ロボット業界の最新ニュースや最新レポートなどをお届けします。是非ご注目ください。