ボタン型IoTスピーカー「Pechat」に「あかちゃんモード」が新たに搭載!泣きやみ音楽、おやすみ音楽、鳴き声検知など機能が充実

カワイイボタン型スピーカー

2016年12月、株式会社博報堂がぬいぐるみをおしゃべりにするスピーカー「Pechat(ペチャット)」を発売しました。そのカワイイフォルムは『グッドデザイン賞ベスト100』も受賞した程。 

グッドデザイン賞ベスト100も受賞したカワイイデザイン

一見すると洋服のボタンみたいな「Pechat」ですが、専用スマホアプリを操作することで、まるでぬいぐるみが喋ったような効果を生み出すというボタン型のスピーカーだったりするのです。その「Pechat」に新しい機能が搭載されました。


新機能「あかちゃんモード」とは?

今回新しく搭載されたのは「あかちゃんモード」。

具体的には合計16種類の「泣きやみ音楽・おやすみ音楽」が収録された他、泣き声や物音を検知してスマホに通知する「泣き声検知」機能が搭載されました。


泣き声を検知するとPechatからメロディーや音楽が流れる

「泣きやみ音楽・おやすみ音楽」は、音声・音響研究の権威「日本音響研究所」監修。音楽以外にもパパやママの声を録音して再生させることも可能となっています。

「泣き声検知」モードをオンにすると「Pechat」が泣き声を検知するとスマホにアラート音を発してお知らせします。赤ちゃんからチョット離れているところにいる時も泣いているか把握することができ、その場で前述した「泣きやみ音楽」を再生することも出来ます。


既存のぬいぐるみが赤ちゃん見守りIoTデバイスに

「あかちゃんモード」以外にも、好きな歌やセリフをリストに登録できる「お気に入り機能」、好きな歌やセリフをプレイリストに登録して連続やランダム再生できる「プレイリスト機能」、アプリをタップすると登録した名前を「Pechat」が呼ぶ「おなまえボタン」、セリフ・歌・お話の追加、スマホに吹き込んだ声をリアルタイムで「Pechat」から流せる「声でおしゃべり機能」の改良など大幅に機能が増えました。

家にあるぬいぐるみを簡単にIoTデバイスに変える「Pechat」。先日買い物に行ったショッピングモールで「Pechat」を見かけて、手軽に手入れられるんだということを実感しました。
ご自宅で使うだけではなく、プレゼントとしても喜ばれそうですね。

関連サイト
「Pechat」Webサイト

ABOUT THE AUTHOR / 

ぱっぺー☆あさひ
ぱっぺー☆あさひ

衛星放送、インターネットなど時代の先端の端っこにいて、今はロボット業界に身を置いています。 ロボットスタートでは広告営業をメインにしていますが、ロボティクススーツを着ることでロボット型人間『ぱっぺー』に。 近頃頑張っているアイドルを見ると泣いてしまう。HKT48、NGT48、=LOVEが気になっています。 長年の夢だったTBSラジオデビューを果たしました。 クリスマスは今年も一人かも知れないと不安しかありません。

PR

連載・コラム