プロ野球の秋季キャンプで「IoT野球ボール」をテスト、球速や回転数などを計測。スカウトでの評価も視野に

株式会社アクロディアは、硬式野球ボールをIoT対応したスポーツ系IoT製品「Technical Pitch」のプロ野球秋季キャンプ向けの提供を開始した。同社によれば、プロ野球各球団の2017年秋季キャンプが各地で行われているが、そこにIoT野球ボールの「Technical Pitch」10ダースを提供しているのだという。複数の球団に提供しており、各球団がこれのテストを行う。これにより、「Technical Pitch」の性能を体感してもらい、採用に向けた活動を進めていく狙いだ。

同社の「Technical Pitch」は、投球の球速・回転数・回転軸を正確に測定するだけでなく、投球モーションに関する測定もできるIoT製品。



硬式野球ボールの中心部に9軸センサーを内蔵している。ボール本体は、硬式野球ボールと同じ重量、同じ固さ、同じ素材で出来ており、ユーザーは試合球と同じ感覚で投球する事が可能。ボール本体を投げると投球データがスマートフォンに転送され、「球速、回転数、回転軸、球種、変化量、腕の振りの軌跡や振りの強さ、投球時間」を計測し、専用サーバーで投球データ解析することもできる。



IoT製品「テクニカルピッチ」で野球はどう変わる?

投球を簡単にデータ化して確認でき、また蓄積させることで、「Technical Pitch」は野球を取り巻く環境を変化させる。ピッチングに対するトレーニングがさらに進化することが期待されるとともに、将来的にはスカウト等の担当者が本ボールを用いて採用予定の選手の評価を行うことも可能となる。

「Technical Pitch」は、個人としてボールを購入し楽しむことができる他、集めたデータを集計・解析する包括的サービスの展開が計画されており、すでにプロ球団からの引き合いもあるのだという。アクロディアは、並行して社会人・大学・高校といった日本国内の対象チーム約5,000チームに営業を開始していくこと、他のボールに応用を図った横展開も視野に開発を進めていく計画であると語っている。

ABOUT THE AUTHOR / 

ロボスタ編集部
ロボスタ編集部

ロボスタ編集部では、ロボット業界の最新ニュースや最新レポートなどをお届けします。是非ご注目ください。

PR

連載・コラム