ロボット「Sota」10体がラゾーナ川崎に設置 お客に合わせて店舗紹介

三井不動産株式会社と株式会社NTTデータは、お客の満足度向上に向けて、コミュニケーションロボットを活用した実証実験を3月20日(火)から5月31日(木)までラゾーナ川崎プラザにて実施することを発表した。

三井不動産株式会社では、今後の人材不足等を見据えて同社の開発・運営を手掛けるさまざまな施設において、ICTの活用を進めており、商業施設では清掃ロボットの活用による施設管理業務の省人化や、ロボットの活用による店舗案内サービスの実証実験に取り組む予定だ。

同実験は、マーケティング領域へのロボット活用の取り組みとして、施設内の各所にコミュニケーションロボット「Sota」を設置し、お客がロボットとコミュニケーションを取り合い、お客に合わせた店舗等を提案することで、施設内の回遊や購買行動にどのような影響を与えるかを検証目的としている。両社は本実験を通じて、商業施設におけるコミュニケーションロボットの効果や活用方法を見極め、お客の一層の満足度向上を目標としている。



まず館内の各所に合計10体の「Sota」(及び補助タブレット)を設置し、「Sota」に搭載したカメラで、お客の属性(年齢・性別)を推定することに加え、コミュニケーションを通じて来館目的も把握することで、お客に合わせた店舗等を紹介したお客専用カード(二次元バーコード入り)を提供する。そしてお客が館内をまわる最中に、上記カードの二次元バーコードを各所の「Sota」の補助タブレットにかざすと、「Sota」からそのお客へ店舗に関する情報等が追加で提供される仕組みになっているため、ロボットとの継続的なコミュニケーションが期待される。



「Sota」は、人と関わるロボットを広く普及させることを目的にヴイストン株式会社によって開発されたコミュニケーションロボットであり、日本の環境に合わせたテーブルトップサイズのコミュニケ―ションロボットで、人と同じように身振り手振りを使ってコミュニケーションを行うことができるだけでなく、カメラ・マイク・スピーカを搭載し、NTT データが提供するクラウドロボティクス基盤とネットワークを介することで遠隔操作や外部デバイスとの連携が可能。社会への普及を目指すために、シンプルな機構を採用するとともに、ロボットクリエイターの高橋智隆氏による親しみやすいキャラクターデザインを取り入れている。



三井ショッピングパーク ラゾーナ川崎プラザはJR線「川崎」駅西口直結・京浜急行線「京急川崎」駅徒歩7分。営業時間はショップ・サービス 10:00~21:00まで、レストランの営業時間は11:00~23:00まで。

ABOUT THE AUTHOR / 

山田 航也
山田 航也

横浜出身、1998年生まれの19歳。現在はロボットスタートでアルバイトをする傍ら、バンタンゲームアカデミー東京校にてゲーム企画を学んでいる。好きなロボットはストライクフリーダムガンダム。好きなゲームはレインボーシックスシージ。好きな四字熟語は十人十色。まだまだロボットはわからないことが多いですが、これからもっと勉強していきます!

PR

連載・コラム