対話型AI「罵倒少女:素子」が復活! 渋谷マルイにて罵倒少女からの罵倒を体験できる

株式会社丸井グループと株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメントは、3月23日~4月8日の期間に渋谷マルイにて、AIキャラクターを活用した春休みキャンペーン「罵倒少女×〇I〇I AI(人工知能)に罵倒される春休み~おいおい、誰が望んでるんだよ~」が開催されている。

同キャンペーンは、3月23日~4月8日の期間に実施され、期間中に開設される特設サイトにおいて、対話型AIサービス「罵倒少女:素子(もとこ)」との会話(おもに罵倒)を楽しむことができるというものだ。






罵倒少女 素子とは

対話型AI「罵倒少女:素子」は、2016年夏にβ版としてイラストコミュニケーションサービス「pixiv」上で期間限定公開され、大きな話題を呼んだAIサービスだ。12日間の期間中、27万人のユーザーが、730万回の会話(おもに罵倒)を体験し、ピーク時には270bps(bato per second)を記録。サービス終了直後から”素子ロス”と呼ばれるユーザーがネット上に多数登場した。2017年には、夏野剛氏が審査員長を務める「第1回アニものづくりアワード」でオリジナルコンテンツ部門金賞を受賞している。




今回、丸井グループとのタッグで復活することとなった対話型AI「罵倒少女:素子」。キャラクターボイスは、前作に引き続き『図書館戦争』(笠原郁)や『進撃の巨人』(アルミン・アルレルト)の人気声優・井上麻里奈さんが担当をする。

同キャンペーン期間中は、渋谷マルイ 8Fのイベントスペースにてオリジナルグッズを販売するほか、「世界一罵倒されるインスタ映えスポット」と称しフォトスポットも設置される。3月23日(金)の初日には、渋谷モディのビジョンでも「罵倒少女×〇I〇I」ティザー動画が放映される。

関連サイト
罵倒少女公式サイト

ABOUT THE AUTHOR / 

山田 航也
山田 航也

横浜出身、1998年生まれの19歳。現在はロボットスタートでアルバイトをする傍ら、バンタンゲームアカデミー東京校にてゲーム企画を学んでいる。好きなロボットはストライクフリーダムガンダム。好きなゲームはレインボーシックスシージ。好きな四字熟語は十人十色。まだまだロボットはわからないことが多いですが、これからもっと勉強していきます!

PR

連載・コラム