シャープの「ロボホン」が英会話授業の実証実験 アルクの子供向け英会話教室にて5月から

株式会社アルクとシャープ株式会社は、アルクの運営する子ども向けの英会話教室「アルク Kiddy CAT英語教室」において、シャープのモバイル型ロボット「RoBoHoN(ロボホン)」を活用した授業の実証実験を、本年5月より開始すると発表した。

本実証実験は、東京都内の2カ所の「アルク Kiddy CAT英語教室」で、小学校低学年のクラスを対象に、本年5月から8月までの3カ月間実施するもの。アルクの小学生向け英語教材「STEP」をインストールしたロボホンを教室に設置。ロボホンの音声認識・発話機能を活かし、ロールプレイ形式で英会話を学ぶことができる。正確な発音で話しかけるとロボホンが英語で応答するほか、ロボホンからも英語で質問してくるので、発音やリスニングの練習に役立つという。ロボホンが身ぶり手ぶりを交えてロールプレイの相手をしてくれるので、「楽しみながら学習でき、自発的に学ぶ意欲の向上が期待できます」と両社は述べている。


釣りを楽しんでいるシャープの「ロボホン」

アルクとシャープは本実証実験を通じて、英語の習得度や自発的な発話量の変化などを検証。2018年度中にロボホンを活用する教室数を拡大し、本格導入を目指す。将来的には、教室内での利用にとどまらず、生徒一人一人の学習状況に応じて、効果的な予習・復習のサポートが行える自宅学習プログラムの導入も検討する予定だ。

アルク キッズ事業アドバイザーを務める 上智大学言語教育研究センター教授・藤田保氏は、この取り組みについて、「2020年度から始まる小学5、6年生での英語必修化に向け、従来の紙のテキストやCDでは難しかったロボホンならではの学習、特に自分の発話に反応して応えてくれる対話型コミュニケーションは子どもたちの喜びとなり、英語学習へのモチベーションを高めてくれるでしょう。それにより、子どもたちが自発的に学習に取り組むようになり、成果が得られることに大いに期待したいです」とコメントを寄せている。

ABOUT THE AUTHOR / 

ロボスタ編集部
ロボスタ編集部

ロボスタ編集部では、ロボット業界の最新ニュースや最新レポートなどをお届けします。是非ご注目ください。