「Google Wifi」がついに日本向け発売、価格は1万5千円 明日からビックカメラやヨドバシなどで買える

グーグルは本日、同社のWi-Fiルーターである「Google Wifi」を4月26日から日本向けに発売することを発表した。

「Google Wifi」は、スマートな見た目で家庭内に違和感なく置けるデザインを採用しており、かつルーター機能を徹底的に見直すことで優れた安定性、柔軟な操作、デバイスとのオンラインアクティビティのシンプルな処理を実現している。

価格は1台で15,000円(税別)、3台セットで39,000円(税別)。Google Wifiは新たなメッシュWi-Fiシステムを搭載しているため、複数台を連携することにより、不自然な接続やデッドゾーンなどを排除できる。


従来のルーターには通信範囲に制限がある

複数の Google Wifi ポイントが相互に連携し、家中どこでも信頼性の高い安定した高速接続を実現

広い家や2階建て、3階建ての家に住んでいる場合、複数台のGoogle Wifiを置くことで、家の中を移動しても各Wi-Fiポイントから最適なチャンネルと最速の帯域を自動的に選択し、高速な通信を提供する。また無線LANポイントは無線で接続されるため、ケーブルを張りめぐらせる必要はない。



Google Wifi専用アプリは、Android及びiOS端末で利用することができる。アプリでは、ネットワークの設定・管理も簡単に行うことができ、子供達のインターネットの利用時間を管理することもできる。



4月26日(木)から、Googleストア及び、ビックカメラやヤマダ電機、ヨドバシカメラなどの家電量販店でも購入することもできる。

米国で発売されたのは2016年12月のこと。1年半遅れで日本にも上陸したことになる。

※ 4月25日12時45分 冒頭の社名に誤植があり、情報を修正致しました。

ABOUT THE AUTHOR / 

ロボスタ編集部
ロボスタ編集部

ロボスタ編集部では、ロボット業界の最新ニュースや最新レポートなどをお届けします。是非ご注目ください。

PR

連載・コラム