JRA監修、超リアルな等身大「馬ロボ」が駅や街に出没! 5月21日から1週間

JRA日本中央競馬会は、2018年5月27日(日)に東京競馬場で開催される第85回日本ダービー(東京優駿)にあわせ、等身大の馬ロボットを制作。首都圏複数エリアで馬ロボットが出没する街頭告知イベントを実施すると発表した。

同イベントは、『日本ダービーにつき馬キャンペーン』の一環として、レースを先導する誘導馬たちをモデルとしたリアルで優雅な馬ロボットたちが、「日本ダービー」をPRするというもの。期間は5月21日(月)~27日(日)で、昨年のダービー馬「レイデオロ」をモデルとした馬ロボットも登場予定。



出没エリアは非公開だが、写真を撮って「#ダービーにつき街にウマ」を付けてSNS投稿した画面をイベント会場スタッフに見せると、もれなく記念品がもらえる。


※クリックで拡大

同キャンペーンでは、他にも車や”等身大馬像”、Amazonギフト券など豪華賞品が当たるプレゼントキャンペーンも実施されており、詳細は公式サイトで確認できる。

『日本ダービーにつき馬キャンペーン』公式サイト

http://umabi.jp/2018derby02/


「安田記念馬ロボ祭」6月3日(日)開催

今回、該当イベントで出没する馬ロボットが大集合するイベント「安田記念馬ロボ祭」を、2018年6月3日(日)に開催される「安田記念」にあわせて開催。当日限定で、街頭イベントでは眺めるだけだった馬ロボに騎乗して記念撮影できるとのことだ。

▼「安田記念馬ロボ祭」概要

場所:東京競馬場 ローズガーデン

日時:2018年6月3日(日)開門~17:00

キャンペーンサイト:http://umabi.jp/2018yasuda/

関連サイト
JRA日本中央競馬会

ABOUT THE AUTHOR / 

ロボスタ編集部
ロボスタ編集部

ロボスタ編集部では、ロボット業界の最新ニュースや最新レポートなどをお届けします。是非ご注目ください。

PR

連載・コラム