小田急電鉄の商業施設にロボホンが導入! 試験導入では新規入会7.2%増の効果

トランスコスモス株式会社は、小田急電鉄に「ロボティクスマーケティング for ロボホン」を提供したことを発表した。小田急電鉄が運営する商業施設『新宿ミロード』および『相模大野ステーションスクエア』では、7月1日(日)から、施設内の小田急ポイントカード(OPカード)特設入会カウンターにおいて、コミュニケーションロボット「ロボホン」を活用した入会案内を開始する。



ロボホンは、シャープが開発するモバイル型ロボット電話。およそ20cmの小型なロボットながら、会話機能だけでなく、二足歩行も行うことができるなど、ユーザーからの評価も高いロボットだ。

トランスコスモスは小田急電鉄に簡単なタブレット操作でできる「コンテンツ管理機能」、「プレゼンテーション機能」を提供。小田急電鉄では、小型で愛らしいコミュニケーションロボットの設置により、顧客とのコミュニケーションを促進し、OPカードのサービス内容などを楽しく分かりやすく案内していく。今年4月、5月に「新宿ミロード」にて試験導入をしたところ、幅広い世代の顧客の誘引につながり、2ヶ月間の新規入会者は対前年比7.2%の増加に繋がったという。

「ロボティクスマーケティング」は、ロボットを通じて得られるオフラインでの接客データを蓄積・活用し、その他顧客チャネルへの応対で活用することを可能にするサービス。人工知能(AI)によるデータ収集、予測をはじめ、各種API、DMP、トランスコスモスの各種サービスと連携し、「お客様企業のマーケティング活動を総合的に支援していく」としている。

ABOUT THE AUTHOR / 

ロボスタ編集部
ロボスタ編集部

ロボスタ編集部では、ロボット業界の最新ニュースや最新レポートなどをお届けします。是非ご注目ください。

PR

連載・コラム