英国防相が議会でスピーチ中に誤ってSiriを起動、これは焦る。

イギリスのギャビン・ウィリアムソン国防大臣のスピーチの最中に、Siriが起動したとBBCが報じた。

ギャビン・ウィリアムソン国防大臣が「シリア」について演説中にSiriが起動してその演説が中断させられたというもの。大臣の胸ポケットのiPhoneが「〜へい〜Siri〜あ」といった形で誤った音声認識によりウェイクしてしまったようだ。


大臣はすぐさま謝罪し、「自分の携帯電話に野次られることは非常に稀です」とコメント。



首相に近い関係者は、機密が必要な会議においては携帯電話を持ち込んでおらず、音声認識ソフトウェアによるセキュリティ上のリスクについてはないとしている。

関連記事(スマートスピーカー / AIスピーカー関連)
ロボスタ / HomePod

ロボスタ / Siri

ロボスタ / 音声アシスタント特集


関連Facebookコミュニティ
Apple HomePod / Siri fan club japan


ABOUT THE AUTHOR / 

中橋 義博
中橋 義博

1970年生まれ。中央大学法学部法律学科卒。大学時代、月刊ASCII編集部でテクニカルライターとして働く。大学卒業後、国内生命保険会社本社において約6年間、保険支払業務システムの企画を担当。その後、ヤフー株式会社で約3年間、PCの検索サービス、モバイルディレクトリ検索サービスの立ち上げに携わる。同社退社後、オーバーチュア株式会社にてサービス立ち上げ前から1年半、サーチリスティングのエディトリアル、コンテントマッチ業務を担当する。2004年に世界初のモバイルリスティングを開始したサーチテリア株式会社を創業、同社代表取締役社長に就任。2011年にサーチテリア株式会社をGMOアドパートナーズ株式会社へ売却。GMOサーチテリア株式会社代表取締役社長、GMOモバイル株式会社取締役を歴任。2014年ロボットスタート株式会社を設立し、現在同社代表取締役社長。著書にダイヤモンド社「モバイルSEM―ケータイ・ビジネスの最先端マーケティング手法」がある。

PR

連載・コラム