QBIT Roboticsが資金調達を発表 変なホテルや変なカフェの経験活かす

株式会社QBIT Roboticsは、協働型ロボットを活用したサービス業界向け市場開拓を実現するために、モバイル・インターネットキャピタル株式会社を引受先とする第三者割当増資を実施したことを発表した。

QBIT Roboticsは、長崎ハウステンボスの「変なホテル」や大手旅行会社エイチ・アイ・エスの「変なカフェ」でサービス・ロボット事業を展開してきたエンジニアやICT業界で長年経験を積んできたメンバーが中心となり、2018年1月に創業した企業だ。

QBIT Roboticsは、人と協力し合って活躍する「協働型ロボット」に着目し、外食産業や各種エンターテインメント産業をはじめとするサービス分野でのロボット活用のサービスロボット・プロバイダーを目指している。今年6月には、ルンバを開発したロドニー・ブルックス氏創業のRethinkRobotics、そしてRethinkRoboticsの日本総販売代理店である住友重機械工業と提携し、協働型ロボットを活用したサービス業界向け市場開拓を強力に推進できる体制づくりに着手している。

今回調達を行なった資金は、サービス分野での応用開発や接客時のコミュニケーションエンジンを開発するエンジニアの獲得に充当されるという。

ABOUT THE AUTHOR / 

山田 航也
山田 航也

横浜出身、1998年生まれの20歳。現在はロボットスタートでアルバイトをする傍ら、バンタンゲームアカデミー東京校にてゲーム企画を学んでいる。好きなロボットはユニコーンガンダム(最終決戦仕様)。好きなゲームはレインボーシックスシージ。好きな四字熟語は十人十色。まだまだロボットはわからないことが多いですが、これからもっと勉強していきます!

PR

連載・コラム