AWSでロボット開発を支援! Amazonが新サービス「RoboMaker」を発表

アマゾンウェブサービス(AWS)は、現在開催中の開発者向けイベント「re:Invent 2018 Midnight Madness」にて、ロボティクスアプリケーションの開発・テスト・導入を容易にする新しいサービス「AWS RoboMaker」を発表した。

RoboMakerを使うことで、最も広く使用されているオープンソースのロボティクス・ソフトウェア・フレームワーク「Robot Operating System(ROS)」をクラウドサービスに接続し、機械学習や分析などのサービスと連携することができる。

また、ロボットのアプリケーションを構築するための開発環境や、シミュレーション環境、複数のロボットを管理するためのフリート管理機能を利用することができる。

アマゾンは海外の一部の報道で、来年にもロボットを発表するのではと噂されている。真偽こそ不明ではあるが、今回の「RoboMaker」の提供開始により、ロボット分野へ注力する姿勢も見て取れる。アマゾンのロボット分野での今後の動きに注目だ。

関連サイト
AWS RoboMaker

ABOUT THE AUTHOR / 

ロボスタ編集部
ロボスタ編集部

ロボスタ編集部では、ロボット業界の最新ニュースや最新レポートなどをお届けします。是非ご注目ください。

PR

連載・コラム