【速報】AI・機械学習機能を搭載した ヒューマン支援ロボット「アイオロス・ロボット」が日本初上陸、介護分野で作業支援

米サンフランシスコを拠点に置く「Aeolus Robotics」(アイオロス・ロボティクス)社が自律ロボット『アイオロス・ロボット』で日本市場に参入することを発表した。『アイオロス・ロボット』は、2018 年1月に「CES2018」で発表したAI・機械学習機能搭載型ヒューマン支援ロボット。掃除機などを持って部屋を掃除する様子が話題を呼んだ。

日本向けには介護分野をターゲットに『アイオロス・ロボット』のレンタルサービスを2019 年8 月に開始する(予約開始時期は2019 年4月予定)。日本法人は来年1月に設立する予定。レンタル月額は15万円を予定し、故障時やメンテナンスに関わる費用も含まれる。



AI・機械学習機能搭載型ヒューマン支援ロボット『アイオロス・ロボット』は、人、顔、モノ、テキストなど、周囲の環境・情報を学習・認識できる非常に優れた「AI ビジョンセンサ」を搭載し、人が後ろ向きや横たわった状態でも同一人物であることを認識できる「高度な物体検知能力」とともに、「空間認識機能」、「生体信号検知機能」を有している。

また、「音声認識機能」を備えていて、ロボットへの指示は音声で行うことができる。Amazon AlexaやGoogleアシスタントとも連携できる。

充電時間は約4時間で、稼働時間も4時間。バッテリーは予備のものと簡単に交換できる。
アーム部の関節は各7つ。移動は四輪で二輪駆動。



介護分野では、日用品や洗濯物などの運搬業務、見守り機能を前面に押し出す予定。なお、今後は空港・ホテル・レストラン・病院などの公共施設内のパトロールや配達などの業務をサポートするヒューマン支援ロボットとして活用分野を広げ、2020 年までに10万台の普及を目指す。

このロボットの特筆すべき点は、スタンドアローンですべてのAI関連の動作を行うこと。ロボスタでは発表会の様子や個別取材済みなので、追って「アイオロス・ロボット」の詳細をレポートする予定、お楽しみに。

ABOUT THE AUTHOR / 

神崎 洋治
神崎 洋治

神崎洋治(こうざきようじ) TRISEC International,Inc.代表 「Pepperの衝撃! パーソナルロボットが変える社会とビジネス」(日経BP社)や「人工知能がよ~くわかる本」(秀和システム)の著者。 デジタルカメラ、ロボット、AI、インターネット、セキュリティなどに詳しいテクニカルライター兼コンサルタント。教員免許所有。PC周辺機器メーカーで商品企画、広告、販促、イベント等の責任者を担当。インターネット黎明期に独立してシリコンバレーに渡米。アスキー特派員として海外のベンチャー企業や新製品、各種イベントを取材。日経パソコンや日経ベストPC、月刊アスキー等で連載を執筆したほか、新聞等にも数多く寄稿。IT関連の著書多数(アマゾンの著者ページ)。

PR

連載・コラム