【放送業界初】複数人のAIドラマキャラクターとの会話を実現した「AI家売るオンナ」

日本テレビ、NTTレゾナント、フォアキャスト・コミュニケーションズの3社は、1月9日から日本テレビ系列で放映されているドラマ「家売るオンナの逆襲」に連動したAI会話サービス「AI家売るオンナ」の提供をスタートした。

ドラマ「家売るオンナの逆襲」は、主演の北川景子演じる天才的不動産屋・三軒家万智が、顧客の問題を解決しながら、華麗に家を売りまくる痛快ストーリー。

ドラマの放送に併せて提供が開始された「AI家売るオンナ」は、三軒家万智(北川景子)をはじめとした4人の登場人物がAIキャラクターとなり、LINEアカウント上でこれらのキャラクターと会話を楽しむことができるというもの。

これまで「ユーザー」と「AIキャラクター」の1対1での対話が主流だったAI会話サービスを、NTTレゾナントの技術を活用しさらに進化させることで、よりユーザーがドラマの世界に入り込めるようになった。



日本テレビでは昨年7月にもドラマ『過保護のカホコ』で、AIキャラクター化した主人公の「AIカホコ」とドラマに連動した1対1の会話のやり取りを行なっていた。今回の「AI家売るオンナ」では複数人のAIキャラクターと会話が可能で、これは放送業界初の試みとなる。

今回の特長は以下の通り。


最大4人のキャラクターが文脈を理解して応答

「AI家売るオンナ」は、NTTレゾナントの「gooのAI」技術を用いて、ドラマ各回の内容などをディープラーニングで学習することで、最大4人のAIキャラクターが、ユーザーの投稿に対して雑談やドラマの設定に沿った返答を行う。さらに、各AIキャラクターは1つの投稿に個々で応答するのではなく、キャラクターごとに直前の会話の文脈をふまえて返答するため、ユーザーは複数人のAIキャラクターとの自然な会話を楽しむことが可能だ。


AIとの親密度で会話の内容が変化

「AI家売るオンナ」は、ユーザーとAIキャラクターの親密度によって会話の内容が変わる。親密度は、会話の多少や継続性の有無のほか、AIキャラクターの名前を呼びかけて会話することで変化し、親密度が高くなればAIキャラクターとの会話が盛り上がるようになる。



利用方法

LINEの「友だち追加」から「家売るオンナの逆襲」と検索し友だちになることで、利用が可能だ。また、こちらの「友達追加URL」から追加することでも利用可能。

ドラマを見ながらLINEでもまるでドラマに参加しているような楽しみを味わえるこちらの試み、是非お試しを。

ABOUT THE AUTHOR / 

北構 武憲
北構 武憲

本業はコミュニケーションロボットやVUI(Voice User Interface)デバイスに関するコンサルティング。主にハッカソン・アイデアソンやロボットが導入された現場への取材を行います。コミュニケーションロボットやVUIデバイスなどがどのように社会に浸透していくかに注目しています。

PR

連載・コラム