ソフトバンクが神奈川県とAIやロボット、MaaS等で「連携と協力に関する包括協定」を締結 Society5.0の実現に向けて

神奈川県とソフトバンク株式会社は、内閣府が提唱する、IoTや人工知能(AI)、ロボット、シェアリングエコノミー等、第4次産業革命の社会実装によって、人口減少・超高齢化などさまざまな社会課題を解決する「Society5.0」の実現に向けて連携と協力を図るため、「連携と協力に関する包括協定」を締結したことを2019年2月4日に発表した。


Society 5.0について(内閣府ホーム)
https://www8.cao.go.jp/cstp/society5_0/index.html


主な連携項目と具体的な事業について

主な連携項目は、次世代モビリティサービスに向けた「MaaS」(Mobility as a Service)の推進、県内産業の活性化に向けたオープンイノベーション等の推進の他、人生100歳時代に向けたICTリテラシーの向上、その他両者の協議による事項の4つとなっている。

両社の各項目について今後進める具体的な連携事業は以下の通りであり、Society5.0に向けた取組を、SDGs(持続可能な開発目標)が目指す「持続可能な社会」につなげていくと述べている。


次世代モビリティサービスに向けた「MaaS」(Mobility as a Service)の推進

市町村や交通事業者等と連携し、MaaSの推進に向けた各種関連データの連携・利活用など実証事業の展開


県内産業の活性化に向けたオープンイノベーション等の推進

ソフトバンク株式会社の出資先であるWeWork Japan合同会社のオフィス拠点を活用して、ベンチャー企業と大企業とのコラボレーションによるオープンイノベーションの推進や企業誘致等


人生100歳時代におけるICTリテラシーの向上

小学生のプログラミング教育支援など次世代人材の育成やシニア向けのICT利活用セミナー等の開催


その他両者の協議による事項

Soceity5.0の実現に向けた具体的な取組を両者で検討


ABOUT THE AUTHOR / 

ロボスタ編集部
ロボスタ編集部

ロボスタ編集部では、ロボット業界の最新ニュースや最新レポートなどをお届けします。是非ご注目ください。

PR

連載・コラム