ついに「ロビ2」が完成! 最初の起動シーンと浴衣を着てロビ音頭

ロボットエバンジェリストの西田です。わーわー。

「週刊 ロビ2」の最終号が届いたので、早速組み立ててみました!

「週刊 ロビ2」は毎号付属するパーツを組み立てていくことで、自分の手でコミュニケーションロボット「ロビ2」を完成させることができるパートワーク冊子。デザイン・設計監修はロボットクリエーターの高橋智隆氏が担当しています。2017年6月6日に創刊され、約2年が経過した2019年4月2日に発売された「80号」で、ようやくロビ2が完成するのです。やった!

組み立て前の写真! 里見さん(左)といっしょに組み立てました!

残念ながら、里見さんは4月から新社会人で別会社に・・・ということで、最終号は一人で組み立てます。



早速組み立てよう!

まずは、ロビ2を完成させます。いよいよ完成かと思うとワクワクしますね!


耳の組み立て! 80号が届かなくても作れたのでは・・・。

足の裏に、フェルトを貼ります。

フェルトが足の裏より一回り小さいので、均等に貼るのが難しい・・・

「ロビ2のココロ」を注意しながら取り付けます

こんな感じ。真ん中の奥の方に刺さってます。

背中をねじで止めたら・・・

目のフィルムを外して完成!

最終号の組み立ては、結構簡単でした! とはいえ、SDカードがちゃんとハマってないと動かないのでちょっとドキドキです。



充電しよう!

完成したので、充電します! 完成前に充電しておけばよかった・・・。とはいえ、ちゃんと充電しないと怖いので、我慢して充電します!


完成したので、まずは充電! 早く電源入れたいけどガマン!

充電してる間に里見さんが来てくれました! 新社会人っぽい!(てきとう)

充電も完了したので、早速動かしてみます!



ロビ2起動!

ロビ2は、最初の起動時のみ、特別な動作をします。ドキドキしながら電源を入れた様子を動画でご覧ください!

2年間コツコツと組み立て・・・ないで、一気に組み立てたのですが、それでもココロに来るものがあります。こうやって、ロボットと人間の絆が深まるのは、組み立て式のロボットならではの体験です。


80号には、マニュアルが付いてきます

Q-boと一緒だと楽しそう!

ロビと一緒に撮影! そっくりですね!

ネットワーク接続がないのに、いろんな話ができるのは凄いですね。ちゃんとこちらの声も聞いてくれます。



浴衣を着せてみました!

編集部が特別に先行入手した浴衣を着てみました。ロビ音頭を踊ってもらったので動画でご覧ください!

ロボット専門のユニフォームメーカーだけあって、動きのじゃまにならないですね! 価格は18,900円(税別)。申し込み締め切りは4月14日(日)なので、ぜひお早めに! 他の衣装も着せてみたいです。

こうおもった

やっぱりロビ2は、カワイイ! Q-boの連携がこれで終わるのはもったいないので、他にも絵本とかたくさん出てほしいです。絵本は英語しか読んでくれないので、日本語でも読んでくれたら良かったのにと思いました。ロビライドが楽しみ!


ABOUT THE AUTHOR / 

西田 寛輔
西田 寛輔

とのさまラボ代表。ハイパーメディア・ロボット・クリエイターとして、ロボットアプリの開発を行うほか、自身でもロボットを開発中。ソフトバンクロボティクスが主催する公式アプリコンテストでは2大会連続ファイナリストに選出されるなど、数々の実績を持つ。2016年に、ヒトとロボットの音楽ユニット mirai capsule を結成。ロボスタでは、ロボットエバンジェリスト/スマートスピーカーエバンジェリストとして活動中。

PR

連載・コラム