顔認識の速度は0.2秒以下、本人識別率 98.41% サイバーリンクがデバイス向けAI顔認識SDK「FaceMe」の最新版を発表

サイバーリンクは、ディープラーニング技術を使用したAI顔認識ソフトウェア開発キット(SDK)「FaceMe」の最新版を発表した。


「FaceMe」は、サイバーリンクが2018年10月より提供する、ディープラーニング技術使用したエッジデバイス向けのリアルタイムAI顔認識エンジン。顔検出・顔特徴点検出・顔認識顔・表情分析といった機能を持ち、Windows PC/Linux/Android/iOS など、様々な環境で顔認識技術を使用する事ができる。同顔認証技術は、高速な認識速度(0.2秒以下)と高い認識精度(本人識別率 98.41%)、角度のついた顔でも認識する広い認識範囲を、画像処理による最適化と最新のAIエンジンで実現しているという。





最新版の「FaceMe」

最新版の「FaceMe」は、新アルゴリズムHNSW (Hierarchical Navigable Small World)検索機能が追加され、オンプレミスサーバー環境上で数百万人クラスの大規模データベースにおける高速検索に対応した。なりすまし防止技術は、複数のバイオメトリクス認証技術を使用することにより、写真などを使用したなりすまし行為においてもフェイクを検知して生体のみを判別することができるようになった。また、斜めを向いた顔でも高い精度で顔認証が可能になり、監視システム、スマートリテールや、出退勤管理などと連動したドアセキュリティなどで利用することも可能。




悪条件でも認識精度を向上

さらに、画質改善技術による認識率が向上。CyberLink独自のTrueTheather技術を用いて、従来の顔認識エンジンでは誤認識や認識不可となりやすい暗所やノイズが発生しているケースなどに、映像の画質を向上させることによって、顔認識しやすい映像に処理をする。これにより、悪条件下でのAIによる認識精度が最大11.65%向上した。




GPUアクセラレーションに対応

他にもOpenVINO への最適化をはじめとする、ハードウェアアクセラレーションに対応。OpenVINO、NVIDIA CUDA、Jetson、ARMなど複数のプラットフォーム上で、GPUアクセラレーションを有効にすることで、ディープラーニングアルゴリズムを高速化することができる(例、OpenVINOでアクセラレーションを有効にすると、FaceMeの顔認識速度が 約500%向上)。


「FaceMe」は、各種セキュリティソリューション、ホテルや病院などでのキオスク端末による無人対応、オフィスの受付やドアセキュリティ、デジタルサイネージでのターゲットに合わせたコンテンツ配信、スマートロックとの連動、ロボットへの組み込みなどさまざまなケースで利用することができる。

関連サイト
FaceMe 公式サイト

ABOUT THE AUTHOR / 

ロボライター

PR

連載・コラム