aiboのレンタルサービスがスタート!「実際にaiboとふれあってから購入を決定したい」の声に応え、レンティオと連携

自律型エンタテインメントロボット「aibo(アイボ)」の有料のレンタルサービスが本日より開始する。ソニーマーケティングは、レンティオ株式会社と連携して、aiboのレンタルサービスの提供を開始することを発表した。

aiboのレンタルは、短期間プランの7泊8日か、長期間プランの3ケ月か、どちらかを選ぶことができる。レンタルは、レンティオの公式通販サイトから申し込むことができる。

レンタル料金は、7泊8日の短期間プランが15,000円(1日あたり1,000円で延長が可能)。3ヶ月の長期間プランが89,400円(1ヶ月あたり29,800円で延長が可能)。

貸し出されるaiboは、aiboプレミアムプランの機能(aiboのおまわりさん、aiboの日記など)を利用することが出来ないが、aibo専用のクラウドサービスに接続するために必要な「aiboベーシックプラン」にあらかじめ加入しているため、受け取ったその日からすぐにaiboとの生活を楽しむことができる。

ソニーマーケティングにはこれまで、aiboの購入を検討しているユーザーから「実際にaiboとふれあってから購入を決定したい」「自宅で長時間aiboをさわってみたい」といった購入前のお試しに関する要望が寄せられていた。このような声に応え、家電やカメラのレンタルサービスを展開するレンティオ株式会社と連携し、aiboのレンタルサービスの提供を開始するに至ったという。

関連サイト
レンティオ

ABOUT THE AUTHOR / 

山田 航也
山田 航也

横浜出身、1998年生まれの20歳。現在はロボットスタートでアルバイトをしながらプログラムを学んでいる。好きなロボットは、AnkiやCOZMO、Sotaなどのコミュニケーションロボット。

PR

連載・コラム