ソフトバンクがドローンを簡単にビジネス活用できるサービス「SoraSolution」を発表 センシンロボティクスの技術を採用

ソフトバンクは、自動航行や自動撮影に対応し、企業が簡単にドローンをビジネスに活用できる法人向けのドローンサービス「SoraSolution(ソラソリューション)」の提供を、11月1日から開始することを発表した。(上の画像はソリューション公式サイトより引用)


操縦者の技術に依存しないオートフライを実現

「SoraSolution」はドローンや操縦・管理用のアプリケーション、導入・運用サポートなどをワンストップで提供するサービス。センシンロボティクスの技術「SENSYN FLIGHT CORE」を採用し、「飛行プランの連結」と「画像自動仕分け機能」が実装されている。導入した企業はドローンを活用することで、線路、鉄塔、ビルなどの高所および建設現場での点検の効率化や確認作業の代替が可能になるため、幅広い業界・業種で業務効率の向上を図ることができる。


4つのアプリケーション

なお、ソフトバンクはサービス開始に先駆けて、南海電気鉄道から検証場所の提供を受け、同社のグループ会社と共に、ドローンを活用して鉄橋や高架、線路を点検する実証実験を行っている。

■「SoraSolution」の利用料金
・初期費用:50万円~
(ドローンおよび操縦・管理用のタブレットなどの付属品の購入費用、初回ルート設定費用など)

・月額費用:20万円~
(アプリケーションの利用料金、ストレージの利用料金、導入・運用サポート料金など)

「SENSYN FLIGHT CORE」は、特別な知識や技術がなくてもドローンによる業務自動化を簡単に実現させる総合プラットフォーム。フライトプラン・実績データの一元管理、複数機での同時飛行や様々なメーカーのドローンへの対応、UTM(無人航空機管制)への接続など、業務の自動化に不可欠な充実した拡張機能を備えている。

サービス開始時点は、導入企業がドローンを日常的に活用することを想定し、軽量(905g)かつ折りたたみ式のコンパクトな設計で携帯性に優れた、DJI製の「MAVIC 2 ENTERPRISE」を提供。今後は夜間航行や測量、農業、物流での活用など、多様なニーズに対応するためドローンのラインアップを拡充していく。


「MAVIC 2 ENTERPRISE」 イメージ DJI公式サイトより引用


「SoraSolution」のアプケーション

自動航行機能
ドローンの航行ルートを事前に設定することで、ルートに沿った自動航行が可能。また、複数の機体や複数の航行ルートを設定し、一元管理することができる。



自動撮影機能
航行ルートごとに事前に撮影ポイントを設定しておくことで、自動で静止画の撮影が可能。



画像ポータル機能
航行実績や撮影箇所および撮影画像を自動で記録し、管理画面から過去の記録を閲覧できる。また、航行ルートに沿った番号がマップに自動で配置され、視覚的に分かりやすく画像を整理できる機能も搭載している。



レポート機能
撮影画像にコメントを記入し、管理者と作業者で共有することが可能。点検箇所の情報共有や、指定箇所への指示などに活用できる。



ソフトバンクは今後、2020年度をめどにドローンで取得した画像データの自動解析による異常検知や、携帯電話のネットワークを利用したドローンの航行、センチメートル級の高精度測位を活用した航行・撮影などの機能を「SoraSolution」に順次追加。人材不足をはじめ、さまざまな社会課題を解決する空のインフラ化を目指す。




ABOUT THE AUTHOR / 

山田 航也
山田 航也

横浜出身、1998年生まれの20歳。現在はロボットスタートでアルバイトをしながらプログラムを学んでいる。好きなロボットは、AnkiやCOZMO、Sotaなどのコミュニケーションロボット。

PR

連載・コラム