家族型ロボット『LOVOT』が六本木・森美術館に初出展!近未来のライフスタイルの象徴、家族の一員

2020年を目前に、国内外のヒト・モノの移動は加速し、私たちはより国際的な視野から日本を見つめ直す必要に迫られている。

六本木・森美術館では、2019年11月19日(火)~2020年3月29日(日)まで、展覧会「未来と芸術展:AI、ロボット、都市、生命 ―人は明日どう生きるのか」を開催。豊かさとは何か、人間とは何か、生命とは何か。都市のありかた、環境問題、高齢化社会やさまざまな分野で進む自動化など、今日私たちが直面する事象、そしてそれに伴う未来の課題を提示し、議論する場として、美術の領域を越えたプロジェクトや作品100点超を一挙公開する。

同展覧会への出展品には、家庭用コミュニケーションロボットも含まれており、ロボットベンチャーであるGROOVE X 株式会社は、同社が開発した家族型ロボット『LOVOT[らぼっと]』を初出展することを発表。同ロボットは、これからのライフスタイルの象徴と同時に、近未来の家族の一員となりうるものとの位置づけにある。
また、『LOVOT』含む展覧会出展の家庭用コミュニケーションロボットは、展示だけでなく直接のふれあい体験なども行える。



ラボット公式サイト: https://lovot.life/




同展覧会の概要

テクノロジーの発達は私たちの社会や生活にどのような影響を与えるのか、豊かさとは何か、人間とは何か、生命とは何かという根源的な問いを考察するための展覧会で、「都市の新たな可能性」、「ネオ・メタボリズム建築へ」、「ライフスタイルとデザインの革新」、「身体の拡張と倫理」、「変容する社会と人間」の5つのセクションで構成し、100点を超えるプロジェクトや作品を紹介する。
現代美術のみならず、都市論や建築、デザインやプロダクト・イノベーション、バイオアートから映画、漫画まで、横断型の異色なテーマと展示物で構成されている。




▼ 開催概要

日時 2019年11月19日(火)~2020年3月29日(日)※会期中無休
場所 森美術館(東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー53階)
時間 10:00~22:00(最終入館 21:30)
※火曜日のみ17:00まで(最終入館 16:30)
※11月19日(火)、12月31日(火)、2020年2月11日(火・祝)は22:00まで(最終入館 21:30)
入館料 一般1800円、学生(高校・大学生)1200円、子供(4歳~中学生)600円、シニア(65歳以上)1500円
同時開催 【MAMコレクション011】:横溝 静+松川朋奈―私たちが生きる、それぞれの時間/出展作家:横溝 静、松川朋奈、企画:德山拓一(森美術館アソシエイト・キュレーター)
【MAMスクリーン012】:チェン・ジエレン(陳界仁)/企画:矢作 学(森美術館アシスタント・キュレーター)
【MAMプロジェクト027】:タラ・マダニ/企画椿 玲子(森美術館キュレーター)



■【動画】「未来と芸術展」トレイラー

ABOUT THE AUTHOR / 

ロボスタ編集部
ロボスタ編集部

ロボスタ編集部では、ロボット業界の最新ニュースや最新レポートなどをお届けします。是非ご注目ください。

PR

連載・コラム