アバターロボット「ugo」がビル警備の実証実験 直感的な遠隔操作とAI自動モードを併せ持つ 大成、品川シーズンテラス、Mira Robotics

現在、東京都心では再開発が進み、多くの大型オフィスビルが誕生している一方で、少子高齢化のため、ビルメンテナンス業界では人材不足が深刻な事態となりつつある。
このような中、同業界へのロボティクスの導入・活用は以前から注目されていたが、従来の単一動作型ロボットでは、ビルごとに異なる環境・仕様およびサイズ感に対応することが難しく、作業範囲が限定的であるということが問題となっていた。

この問題に対応すべく、総合ビルメンテナンスの大成株式会社は、アバターロボットの開発を手掛けるMira Robotics(ミラロボティクス)株式会社、品川シーズンテラス株式会社との三社合同により、次世代型アバターロボット“ugo(ユーゴ―)”によるビル警備の実証実験を開始した。



実証実験の概要

家事支援ロボットの位置づけであったMira Roboticsの「ugo」だが、直感的な遠隔操作とAI技術を用いた自動モードを併せ持つ次世代型アバターロボットとして、ビルにおける警備ロボットとして期待でき、同ロボットをオフィスビルに配置することで、警備員の有効的な配置や移動時間の削減による効率化のほか、人材不足の解消にもつながると考えられる。

そこで、巡回及び立哨警備の主な目的は不法侵入などの行為を抑止することを目的とする今回の実験では、そのような心理的抑止効果は遠隔操作によるアバターロボットによる監視であっても代替可能であることを実証すると同時に、遠隔操作部分と自動化部分の切り分けを見極め、より効率的な警備体制について検証を行う。






各社の役割
大成 高度なセキュリティと非労働集約型を両立させる新たな警備ソリューションを提供
品川シーズンテラス 国内最大スケールのオフィスエリアにおける実証実験場所を提供
Mira Robotics アバターロボットおよび遠隔操作プラットフォームの提供



実施詳細について
実施期間 2019年11月18日(月)~2019年12月15日(日)
実施場所 品川シーズンテラス(住所:東京都港区港南1-2-70)
実施範囲 大成が提供する警備サービスの一部に“ugo”を導入。2階及びフロアの巡回警備と立哨警備を遠隔操作と半自動モードで行う。フロア間は“ugo”自身がエレベーターを操作して移動する。



今後の展開

バラエティに富んだ商業エリアと国内最大級のスケールのオフィスエリアを持ち、広大な緑地が一体となった複合施設である品川シーズンテラスの協力の下、大成とMira Robotics は、今回の実証実験を通して、人とロボットが効果的に働ける具体的な業務プロセスの構築を目指すとしている。また、将来的には、構築した業務プロセスを大成株式会社の警備受契先への横展開を行うとともに、ビルメンテナンス業界他社への業務プロセス共有を通じて、同業界における施設警備の新手法として確立していくとのことだ。



次世代型アバターロボット“ugo”とは

“ugo”は2本のアームと高さ調整により遠隔で様々な業務を行うことができるアバターロボット。AIによる学習機能で同じ稼働条件下であれば自動モードも可能。従来の単純な遠隔操作ロボットと完全自動ロボット双方の利点を併せ持つ次世代型アバターロボットだ。


【動画】Mira Roboticsの家事支援ロボット、「ugo」のデモ

UGO公式サイト: https://ugo.plus/

ABOUT THE AUTHOR / 

ロボスタ編集部
ロボスタ編集部

ロボスタ編集部では、ロボット業界の最新ニュースや最新レポートなどをお届けします。是非ご注目ください。

PR

連載・コラム