兵庫県赤穂市が分身ロボット「オリヒメ」で遠隔行政サービスの実証実験 子育て、観光案内、式典行事に活用 X-mov Japanがサポート

新型コロナウィルスの影響で、在宅勤務やテレワークが注目されているが、行政も遠隔操作ロボットを使ったテレワークに着手する。
兵庫県赤穂市は分身ロボット「OriHime」(オリヒメ)を活用して、子育て、観光、式典行事において分身ロボを用いた遠隔行政サービスの実証実験「赤穂市オリヒメ活用ウィーク」を実施する。
具体的には、 副市長の東京出張の報告業務、保健センターでの遠隔妊婦相談、有年駅総合案内所での観光案内、西有年大避神社での消防ポンプ自動車入魂式で「オリヒメ」を活用していく予定だ。なお、有年駅総合案内所での観光案内では一般公開も予定している(10:30〜16:00)。
実証実験を行う期間は2020年3月17日〜2020年3月22日。実証実験アドバイザーとしてX-mov Japanがサポートしていく。

【実証実験スケジュール】
2020年3月17日~2020年3月22日
3月16日(月) 記者発表
3月17日(火) 使用方法等事前研修
3月18日(水) 副市長 東京出張の報告 (テスト使用)
3月19日(木) 遠隔妊婦相談 @保健センター
3月20日(祝・金)観光案内 10:30〜16:00 @有年駅総合案内所 (一般公開)
3月22日(日)消防ポンプ自動車入魂式 10:00〜 @西有年大避神社

実証実験について、兵庫県赤穂市長は以下のようにコメントしている。

■赤穂市長コメント
人口減少社会が進む中で、行政においてもマンパワー不足が予測される中で、自治体が担うべき機能を維持できるための手段として、IoT/ロボットが注目されています。そうした中、このたび分身ロボット「オリヒメ」を行政サービスの手段として活用していく1つのご提案をいただき、実証実験を実施することになりました。


オリヒメでのテレワークの特徴

分身ロボット「オリヒメ」はインターネットを通して遠隔操作が可能なロボット。カメラ・マイク・スピーカーを内蔵しているため、OriHimeの視界を自由に動かして周囲の人と会話ができる。



「拍手」や「挨拶」などのジェスチャーを使いノンバーバルなコミュニケーションをとることもできるため、生活や仕事の環境、入院や身体障害などによる「移動の制約」を克服し、「その場にいる」ようなコミュニケーションが可能。





X-mov Japan代表は兵庫県赤穂市より委嘱されている市政特別アドバイザー。同社はサービスロボットの大規模導入、運用支援実績を活かし、地方自治体の業務効率化と市民サービス向上を目的としたロボットを活用した遠隔行政サービスの実証実験を支援していく。

なお、今後は実証実験で得たデータをもとに、活用場所の検討を行っていくとしている。

関連サイト
X-mov Japan

ABOUT THE AUTHOR / 

ロボスタ編集部
ロボスタ編集部

ロボスタ編集部では、ロボット業界の最新ニュースや最新レポートなどをお届けします。是非ご注目ください。

PR

連載・コラム