シャープ、日立キャピタル、旭化成ホームズ 生活者の属性に合わせたAI×IoTトータルサービスをサブスクで提供

日立キャピタル、旭化成ホームズ、シャープは、実証協働実施契約を締結。IoTとAIを活用し、世代ごとに異なるライフステージに合わせた最適なくらしのトータルサービスをサブスクリプション(定額制)で提供することを目的に、2020年4月より住まいのIoT化実証実験を開始することを発表した。

業態を超えたオープンイノベーションで、くらしに関するさまざまなサービスを包括したLife as a Serviceモデルの構築をめざす。

Life as a Service:豊かなくらしに必要なサービスを丸ごとパッケージ化し提供するもの


ニーズを把握するため、STEP1では参加者を単身者に限定

実証実験はSTEP1として社宅にIoT機器を設置し、協力会社のサブスクリプションサービスなどを提供する。世代・年代ごとの生活情報やニーズを把握するため、STEP1では参加者を単身者に限定し、その多くが住むと思われる賃貸住宅を実証の舞台に設定。そのうえで、入居者のサービス利用状況など、各社が連携して取得した生活データについて、AI技術を活用して分析することで、より単身者層の属性に沿ったサービスメニューへの拡充を図るとともに、入居者自身が健康など生活に関わる情報を見える化するツールも提供。それにより、働き方改革を推進する企業に適した単身者向けサービスパッケージの創出を実現する。

実証実験(STEP1)の概要
【期間】2020年4月より半年間、または1年間(参加者ごとに設定)
【参加者(入居者)】日立キャピタルが募集した自社の単身社員10名
【居住建物】賃貸住宅「へーベルメゾン」(間取りは1K、1DK、1LDK)
【取得するデータ】入居者による生活データ(食事、車、睡眠など)

「サービスの提供」「生活者の利用情報収集」「各社の収集情報の連携・分析」「改善したサービスの提供」など、一連の流れの中でリアルデータを収集、現実の生活環境により適合したサービスを提供する循環型サービスモデルの構築をめざす。

2020年度後半には実証実験STEP2として、生活者の対象をDEWKs世帯(共働きで子育てをしている夫婦)、シニア世帯に、またその住まいを戸建住宅へと広げることで、ライフスタイルの変化に合わせたくらしのトータルサービスの検証を進める予定。

この取り組みは舞台をイエナカ(住宅)のデータ・サービス連携にとどめず、マチナカ(街全体)の流通・交通インフラと連携することで、より多くの人々の豊かなくらしが実現可能としている。今後、オープンイノベーションをさらに進め、多様な企業の参画を促進していく。


実証実験における3社の役割と目的


日立キャピタル

日立キャピタルグループは社会価値創造企業をめざし、「2019~2021年度 中期経営計画」において「ライフ(インフラ・まちづくり、ヘルスケア、食農・生活)」を重点事業の一つとしている。サブスクリプションで提供するくらしのトータルサービスの構築に向けて、既存の金融サービスの知見を生かし、今回の実証実験を通じて、日立キャピタルグループの有する金融ノウハウと融合させたアセット管理、料金の回収・決済・管理などの提供をめざす。STEP1では、実証実験の環境構築、生活データの収集・分析を行い、関連するサービスの開発を推進する。


旭化成ホームズ

旭化成ホームズは、人々の「いのち・くらし・人生」全般を支える「LONGLIFE」なサービス・商品の提供をめざしている。今回の実証においては独自のスマートホームサービス「へーベルIoH」などを導入した賃貸住宅「ヘーベルメゾン」を提供し、そこで得られた入居者の生活データの分析などを通して、ユーザー視点でのあらたな「LONGLIFE」なサービス・商品の開発をめざす。

スマートホームサービス「へーベルIoH」とは
HEBEL HAUSが提供するヘーベルハウス専用のスマートホームサービス。スマートフォンやセンサーなどの機器を活用し、外出先から家電の操作や家族の見守りなどが可能。機器の訪問設置サービスなども付帯。


シャープ

シャープはスマートライフの実現に向け、生活者によるIoT機器利用データなどが活用可能な「AIoTプラットフォーム」を子会社である株式会社AIoTクラウドを通じてさまざまなサービス事業者向けに展開している。今回の実証実験では、対象社宅にシャープ製のAIoT家電を設置し、家電の使用データの取得や分析・連携を行うとともに、子会社であるSHARP COCORO LIFEがミールキット「ヘルシオデリ」の宅配サービスを行う。

ヘルシオデリとは、、
シャープ公式調理家電「ヘルシオ」用のミールキット宅配サービス。調理をヘルシオ・ホットクックにまかせて美味しい料理がカンタンに楽しめる。

「金融サービス」「住宅」「家電」と、異なる事業分野でスマートライフの実現に向けて取り組む3社が、それぞれの強みを発揮し、協力企業と連携することでサービスパッケージの迅速な創出を図る。また、実証実験は、経産省のスマートライフ政策に則り、各社のプラットフォーム間の相互連携を行い、ヒトとモノとサービスがつながるプラットフォーム構築をめざす。

実証実験参加企業および機器・サービスの一覧
■事業主体企業
・日立キャピタル株式会社
・旭化成ホームズ株式会社
・シャープ株式会社

■実証実験協力企業
・株式会社AIoTクラウド
・株式会社SHARP COCORO LIFE
・株式会社日立製作所
・株式会社日立社会情報サービス
・日立グローバルライフソリューションズ株式会社
・インフォメティス株式会社
・株式会社エナジーゲートウエイ
・オムロン ヘルスケア株式会社
・EMC Healthcare株式会社
・株式会社OZ1
・株式会社サージュ
・株式会社エムティーアイ
・KDDI株式会社
・株式会社ライナフ
・株式会社クラッシー

■機器一覧
・赤外線リモコン 
・睡眠センサー 
・開閉センサー (温湿度センサー内蔵) 
・人感センサー (温湿度センサー内蔵) 
・ネットワークカメラ
・玄関スマートロック 
・体重体組成計    
・サーキットメータ 
・ウェアラブル
・空気清浄機 
・自動調理鍋
・オーブンレンジ 
・ロボットクリーナ

■サービス一覧
・食宅サービス
・宅配受取サービス
・睡眠サポート・睡眠連動サービス
・カーシェアサービス
・見守りサービス
・スマートIoTライフサービス(宅外操作、シーン連動など)
・電子取扱説明書サービス 
・動画配信サービス
・玄関ロックスマート化サービス
・家事代行

ABOUT THE AUTHOR / 

山田 航也
山田 航也

横浜出身、1998年生まれの20歳。現在はロボットスタートでアルバイトをしながらプログラムを学んでいる。好きなロボットは、AnkiやCOZMO、Sotaなどのコミュニケーションロボット。

PR

連載・コラム