6月8日の「ルンバの日」サブスクに床拭きロボット「ブラーバ」追加 「一番大変な家事は料理と掃除」意識調査の結果を発表

アイロボットジャパン合同会社はサブスクリプションサービス開始から1年が経過した6月8日に、ユーザーからの声をもとに「製品ラインナップ拡充」、「契約期間の短期化」、「さらなる低価格化」を実現した「ロボットスマートプラン+」を新たに開始することを発表した。
また、6月8日の「ルンバの日」を迎えるにあたり、2020年3月以降にアイロボットの製品を購入した全国の10代~70代の男女を対象に「ロボット掃除機への意識の変化と外出自粛期間の過ごし方に関する調査」を実施した。


床拭きロボット「ブラーバ」の全ラインナップが追加

アイロボットジャパンはロボット掃除機「一家に一台」の普及を掲げ、これまでも幅広いラインナップを展開することで普及の拡大を目指してきた。昨年開始したルンバのサブスクリプションサービス「ロボットスマートプラン」はこれまでロボット掃除機を導入したことのないユーザーが利用する機会となり、現在では継続利用意向率が98%(2019年年6月~11月の調査)と高い満足度を得るサービスへと成長した。

「ロボットスマートプラン+」ではロボット掃除機「ルンバ」に加え、床拭きロボット「ブラーバ」の全ラインナップが追加される。また、気軽にレンタルできる「おためし2週間コース」と36ヵ月の保証が付いた「あんしん継続コース」の2つのプランを選べるようになった。





新規ユーザーにオススメのお得な「おためし2週間コース」

「おためし2週間コース」はお得なメリットが用意されたコース。2週間のレンタル終了後、同型の製品を公式オンラインストアで購入するとレンタル料金相当が全額キャッシュバックされる(要申請)。また、「あんしん継続コース」へ移行した場合でも2週間レンタル料金が全額キャッシュバックされる上に、初月の月額利用料金が無料となる。



■対象モデルと2週間料金

ルンバ i7+ 4,527円(税抜)
ルンバ i7 3,618円(税抜)
ルンバ960 2,709円(税抜)
ルンバ e5 2,255円(税抜)
ルンバ643 1,800円(税抜)
ブラーバ ジェット m6 2,709円(税抜)
ブラーバ 390j 2,255円(税抜)
ブラーバ ジェット 250 1,800円(税抜)



返品可能時期が12か月以降から6か月以降へと短縮した「あんしん継続コース」

「あんしん継続コース」では36ヵ月間の保証はそのままに、前回のサブスクリプションサービスに比べ、月額税別料金が980円(ルンバ641またはブラーバ ジェット250を申込んだ場合)からとさらに利用しやすくなった。さらに、返品可能時期が12か月以降から6か月以降へと短縮されている。



■対象モデルと月額料金

ルンバ i7+ 3,800円(税抜)
ルンバ i7 2,800円(税抜)
ルンバ985 2,800円(税抜)
ルンバ e5 1,500円(税抜)
ルンバ643 980円(税抜)
ブラーバ ジェット m6 2,800円(税抜)
ブラーバ 390j 1,500円(税抜)
ブラーバ ジェット 250 980円(税抜)




在宅時間の増加にともなう掃除に関する意識調査

アイロボットジャパン合同会社は6月8日の「ルンバの日」を迎えるにあたり、2020年3月以降にアイロボットの製品を購入した全国の10代~70代の男女を対象に、「ロボット掃除機への意識の変化と外出自粛期間の過ごし方に関する調査」を実施。634名が回答した。




■調査概要
調査エリア:全国
調査対象者:2020年3月以降にアイロボット製品(ルンバ・ブラーバ)を購入した10代~70代の男女
サンプル数:634
調査期間:2020年5月25日~2020年5月31日
調査方法:インターネットリサーチ



在宅時間が増えたことにより、家事に負担を感じている

新型コロナウイルス感染拡大により在宅時間が増えたと回答した人は全体の86.6%。ほとんどの人が以前よりも在宅時間が増えたことが分かった。


アイロボットジャパン調べ

次に在宅中の家事を負担に感じていると回答する人は半数以上(57.3%)となり、特に乳幼児・未就学児・小学生以上の子どもがいる家庭では73.1%と割合が高くなった。


アイロボットジャパン調べ

一番大変な家事は「料理」。次に「掃除」、「炊事・洗濯」がランクイン。休校により子供も家にいる時間が増え、料理や掃除などの家事負担増加が深刻化していることが分かったという。


アイロボットジャパン調べ



家電や生活用品を見直すように

家にいる時間が増えたことで家電や生活用品の買い替えなど、家の中のモノを見直すようになったと回答した人は全体の7割近く(68%)に上ることが判明。


Q4:在宅時間の増加で、家電や生活用品の買い替えなど、家の中のモノを見直すようになりましたか。

さらに家族の安心・安全のためには家電製品などは多少高くても出費すると回答した人は9割(92.2%)にものぼる結果となった。


アイロボットジャパン調べ

冷蔵庫を始めとするキッチン家電や洗濯機、掃除機などの生活家電7種類の中で「在宅期間中に特に役に立っている家電」については45%がロボット掃除機と回答。次点となる電子レンジ・オーブントースターに大差をつけ1位となり、ロボット掃除機利用者の高い満足度が分かる結果となった。


アイロボットジャパン調べ



全体の97.5%が「ロボット掃除機を受け入れやすい」と回答

そして、以前よりロボット掃除機が家庭で受け入れやすくなったと考えている人は全体の97.5%と非常に高い数値となった。受け入れられるようになった理由としては、男性・女性共に「清掃力の向上」を一番に挙げ、掃除する能力を重要視していることが分かった。次いで製品の「低価格化」や「選択肢の増加」が挙げられ、ロボット掃除機が生活者にとってより身近で、手の届きやすいものになってきているということが分かった。


アイロボットジャパン調べ

アイロボットジャパン調べ

アイロボットジャパン調べ
■その他の質問
「新型コロナウイルス感染拡大のどのような影響が、ルンバまたはブラーバの購入につながりましたか。」
・在宅勤務、子供も学校再開が遅れ、家にいる人が増えたため埃も増えていた。(50代男性)

・新型コロナウイルスの影響により、以前よりも念入りに掃除をし清掃時間が長くなっている。そのため、時間短縮などでロボット掃除機の有効活用に注目がいく。(20代女性)

・家族がいつも家にいるので、床掃除のタイミング難しく、食事作りで時間も取られるようになったから。(40代女性)

・家族、特に子供の家にいる時間が増え、家が汚れる事が増えた。(30代女性)

・家での時間が増えたから今まで気になっていたものに挑戦してみたかった為(30代女性)

・STAY HOMEの時間が増え、掃除のことを考える時間が増えたから。(40代女性)

・うがい手洗いに合わせて、室内を清潔にすることが感染症予防に重要だと思うから(50代男性)

・ウィルスは足元からと言われるように、部屋の掃除を念入りにしたいから!(60代女性)

「ロボット掃除機を導入したことによって、ご自身やご家族の生活においてどのような変化がありましたか?」
・1歳の娘もいるので、ハイハイをしていても埃が無く、気にならずにハイハイをさせれています。(30代女性)

・定期的に清掃してくれるので、掃除の手間がなくなり、家の中もきれいになった。(40代男性)

・今までは自分の時間を削って床拭きしていましたが、今は寝てる間になど自分の時間を犠牲にせずとも綺麗になっているので大変助かっています。(20代女性)

・掃除機をかける時間が短縮でき、その分子供と一緒にいれる時間が増えました。(30代女性)

・ロボット掃除機を使用中に他の事に時間を費やす事が出来た。(50代男性)

・いつもきれいで、快適に過ごせるようになった。(50代男性)

・用事などで出かける時にスイッチを入れておけば、帰宅時部屋が綺麗になっており、本体はステーションに戻っていて感心している。(60代男性)

・床の上に物を置くことがなくなりました。しかし、何よりも、ルンバが動きながら掃除している様子を眺めるのが楽しいです。(50代男性)

ABOUT THE AUTHOR / 

山田 航也
山田 航也

横浜出身の1998年生まれ。現在はロボットスタートでアルバイトをしながらプログラムを学んでいる。好きなロボットは、AnkiやCOZMO、Sotaなどのコミュニケーションロボット。

PR

連載・コラム