プロ野球公式戦 ホークスの試合を人型ロボット「Pepper」が盛り上げる!ホームランは「熱男ポーズ」を披露

新型コロナウイルス感染症拡大の影響から当面は無観客での開催となるプロ野球公式戦の開幕を盛り上げるため、大のホークスファンである人型ロボット「Pepper」が2020年6月19~21日の開幕3連戦の間、福岡PayPayドームのライトスタンドに複数台設置される。

「Pepper」はソフトバンクホークスの選手がヒットを打った際や得点シーンなどで、動いて喜びを表現したり、ホームランを打った時には「熱男ポーズ」を披露したりする。さらに、7回裏の攻撃前には「いざゆけ若鷹軍団」の曲に合わせてダンスを踊る。

福岡ソフトバンクホークスとソフトバンクロボティクスが発表した。プロ野球公式戦パシフィック・リーグのインターネット視聴は「パ・リーグTV」からできる。

ソフトバンクロボティクスは、Pepperの公式Twitterアカウント(@Pepper140605)で、高さ90cmの「特大Pepperぬいぐるみ」を3人にプレゼントするキャンペーンを実施する。キャンペーンの詳細は、6月19日にPepperの公式Twitterアカウントで公開される。




関連記事
Pepper関連記事

ABOUT THE AUTHOR / 

山田 航也
山田 航也

横浜出身の1998年生まれ。現在はロボットスタートでアルバイトをしながらプログラムを学んでいる。好きなロボットは、AnkiやCOZMO、Sotaなどのコミュニケーションロボット。

PR

連載・コラム