認知症を予測するAI技術を開発するためフューチャーと日本テクトシステムズが業務提携 2025年の認知症高齢者は730万人超を予測

認知症には様々なタイプがあり、治療可能な認知症かどうかを事前に正しく判定する方法や病型の分類には大きなニーズがあると考えられている。

フューチャー株式会社はすべての高齢者が穏やかに生活できる社会の実現に向けて、特に世界的課題である認知症にフォーカスし、各個人の認知症症状の将来予測を行うAIの研究・開発で日本テクトシステムズ株式会社(以下、日本テクト)と資本業務提携したことを発表した。(日本テクトのロゴはホームページより引用)


2025年には認知症高齢者が730万人を超える

超高齢化社会を迎えた日本では65歳以上の高齢者の割合(高齢者率)は28.4%に達しており、2025年には30.0%を超えると予想されている。これに伴い、2025年には認知症高齢者が730万人を超えると推計され(平成29年版高齢社会白書、内閣府)、認知症高齢者の生活の質の低下、介護の負担の増大、社会保障費の拡大等にどのように対応すべきかが喫緊の課題とされている。

認知症の精密な診断には神経心理検査(認知機能等の評価)、MRI画像検査(脳の萎縮等の評価)などが必要。日本テクトはヘルスケアアプリ「認知機能みまもりAI【ONSEI】」、神経心理検査実施支援システム「SHINRIシリーズ」などの製品群を有し、認知症に関連した多くの知見を蓄積している。


「テクノロジーで認知症医療を支える」をメッセージとして掲げ、認知機能領域の医療・ヘルスケアにおけるソフトウェア、アプリの開発、運営をする日本テクトシステムズ株式会社(画像は認知機能みまもりAI【ONSEI】のイメージ 日本テクトホームページより引用)

フューチャーは小売業や製造業、公共事業をはじめ多種多様な顧客のIT戦略パートナーとして、AI技術をいち早く実際のビジネスに活用するプロジェクトを推進しており、これまでに機械学習・深層学習技術の知見と実装力を培ってきた。


認知症を予測するAI技術を開発

今回の研究では日本テクトの「SHINRIシリーズ」「MRI-TAISEKI」を中核として得られるデータを活用し、フューチャーの強みであるAI技術の目利き力・社会実装力と組み合わせ、治療可能な認知症の判別・病型分類、その他、認知症に関わる各種の予測に関するAI技術の開発を行う。


日本テクトホームページから引用

両社は今後、認知症症状の新たな予測AIアルゴリズムの開発を共同で進め、高齢者や認知症医療に携わる医師に有益な情報を提供する各種新サービスの展開や、高齢者および認知症領域のプラットフォーム構築などに取り組んでいく。

また、フューチャーは、ヘルスケア分野においてもビジネスや研究・開発などへのAI技術の幅広い活用を推進し、世界的な課題の解決に向けて貢献していく。

ABOUT THE AUTHOR / 

山田 航也
山田 航也

横浜出身の1998年生まれ。現在はロボットスタートでアルバイトをしながらプログラムを学んでいる。好きなロボットは、AnkiやCOZMO、Sotaなどのコミュニケーションロボット。

PR

連載・コラム