AIヒューマンの1SEC、累計約2.7億円の第三者割当増資を実施 水嶋ヒロ氏や堀江貴文氏のバーチャルヒューマンを手がける

株式会社1SEC(ワンセック)は、セレス、gumi venturesファンド、イグニス、East Ventures、國光宏尚、内藤裕紀ほか複数の個人投資家、複数の著名人、同社代表より、創業から現在に至るまで累計約2.7億円の第3者割当増資を実施した。(敬称略)
同社は過去に、日本初男性バーチャルヒューマン LIAM NIKUROや、水嶋ヒロ氏、堀江貴文氏らのバーチャルヒューマンを作成して話題になった。

Lewis Hiro Newman(ルイス ヒロ ニューマン)

同社はAIヒューマンテクノロジー事業を全世界に向けて展開。国内だけでなく、世界27カ国で手がけるIPが注目され、話題になっている。今回の資金調達によって、AIヒューマンのテクノロジー強化と技術革新にフォーカスし、更なる成長を目指す考え。
また当社は設立2期目を終え、通期で黒字化を達成しており、月次売上2.5億円を突破。更なるテクノロジーの強化により、COVID-19などの障壁に左右されない強固な事業を展開し、世界中のDXを加速させ、人々やビジネスをエンパワーしていく、としている。



AIヒューマン サービスONE AIについて

ONE AIは物理ベースのリアルタイムグラフィックと、音声認識AI、映像認識AI、特化型対話AI等の最先端AIを駆使したハイエンドなバーチャルヒューマンテクノロジー。

フェイストゥフェイスで対話が可能なAI ダイアログ・プラットフォーム。カスタマーサービス、受付、秘書、講師、接客など、ビジネス、エンターテインメント、教育に幅広く活用できる。クライアントのニーズを把握し、最適なダイアログシステムを開発提供している。


日本初男性バーチャルヒューマン LIAM NIKURO(リアム・ニクロについて)

日本初の男性バーチャルヒューマン。世界27か国以上で話題になる。米国・ロサンゼルス出身のマルチプロデューサー。世界初の取り組みとして八村塁選手が所属するNBAワシントンウィザーズとのパートナーシップを締結するなど話題を集める。


公式Instagram https://www.instagram.com/liam_nikuro/
公式Twitter https://twitter.com/liam_nikuro

堀江貴文氏のバーチャルヒュープロジェクト ホリエ・ロイド・タカフミ

1SECが2019年に発表した水嶋ヒロのバーチャルヒューマン、「Lewis Hiro Newman(ルイス ヒロ ニューマン)」に次ぐ、著名人バーチャルヒューマン化プロジェクトの第二弾として、堀江貴文氏が好きなこと、やりたいことに全力を傾けるために、画像生成系AIを用いて誕生した「AI×バーチャルヒューマン」。


活動としては、音声のディープラーニングも取り入れ、「人」と「AI×バーチャルヒューマン」が共存する時代の象徴としての活動を精力的に行う予定。


Lewis Hiro Newman(ルイス ヒロ ニューマン)

2019年10月11日、俳優・起業家の水嶋ヒロの分身“Lewis Hiro Newman” としてデビュー。 デジタルツインとして、「かつて選択しなかったもう一つの人生」を生き、そのストーリーを展開していく著名人バーチャル化プロジェクトの第一弾。自身がプロデューサーを務めるファンションブランドを展開するなど、ファッション、アート、音楽などのジャンルでグローバルな活動を展開中。

公式Instagram https://www.instagram.com/lewis_hiro_newman/



各氏のコメント

gumi 代表取締役会長 國光宏尚氏 コメント
「2020年、人々の暮らしがバーチャルファーストになった。リモートワークや、日々のコミュニケーションのバーチャル化は今や当然のことに。2021年はそんなバーチャルファーストになった世界でバーチャルヒューマンが活躍するに間違いない。僕もそろそろ仕事はバーチャル国光に任せようかな〜!(笑) 応援してます!」

イグニス 代表取締役社長 銭 錕氏 コメント
1SECは広告、音楽、芸能、ITなど、複数業界に精通した数少ない会社だと感じています。
一緒に革命をおこしましょう。

個人投資家 内藤裕紀氏
映画やドラマ、CM、広告、あらゆる世界でリアルな人のバーチャル化はどんどん増えており、その中でも既に多くの成功事例があり、経営面も2期目にして黒字化している1SEC社にはこの分野の先端を走り抜けて欲しい!

セレス 経営企画室 岩佐 琢磨氏
今後、広告領域においてバーチャルヒューマンの重要性が増していくと感じ、メディア事業・マーケティング事業を手掛けるセレスより出資させていただきました。今後の展開をとても楽しみにしております。

関連サイト
株式会社1SEC

ABOUT THE AUTHOR / 

ロボスタ編集部
ロボスタ編集部

ロボスタ編集部では、ロボット業界の最新ニュースや最新レポートなどをお届けします。是非ご注目ください。

PR

連載・コラム