ついにソニーの電気自動車「VISION-S Prototype」国内初の一般公開へ!開発中のドローン「Airpeak」も併せて初公開 3月28日

ソニーは、モビリティの進化への貢献を目標に開発を進めているVISION-S試作車両を、3月28日に東京世田谷区の二子玉川ライズで開催される「EV:LIFE 2021 FUTAKO TAMAGAWA」に展示することを、2021年3月9日に発表した。

同試作車両の一般公開は、今回が国内初となる。また2021年に同社にて事業化を予定しているドローン、「Airpeak」の機体も初公開すると共に、自律型エンタテインメントロボットaiboの展示も加え、ソニーが推進するAIロボティクス事業の取り組みを包括的に紹介する。





VISION-Sプロジェクトについて

次世代の移動のカタチを追求するソニーのVISION-Sプロジェクト。2021年1月11日に、オンラインで開催されたCES2021において、VISION-Sの開発活動が新たなステージに移行したことを発表。2020年12月から技術検証のための公道走行をオーストリアで開始した。同社は、今後も車両開発を継続すると共に、他の地域においても順次走行テストを実施する計画だ。

VISION-S Prototypeの公道走行可能車両は2020年12月に完成し、欧州において走行テストを実施している。 同写真の車両は欧州での走行テスト用に開発したもので、今回展示する車両とは異なる。



■【動画】ソニーが車を作る意味とは? VISION-S




展示概要

同展示は、自動車専門誌である「LEVOLANT」編集部主催のもと、新型コロナ感染症拡大防止策を実施して行われる入場無料のオープンイベント「EV:LIFE 2021 FUTAKO TAMAGAWA」内にて行われる。同社は最先端テクノロジーを組み合わせることで、安心・安全かつ、新たな感動をもたらす車内エンタテインメントの実現を目指し、モビリティの進化へ貢献していくと述べている。

名称 EV:LIFE 2021 FUTAKO TAMAGAWA
開催日時 2021年3月28日(日)10:00 〜 19:00
主催 カルチュア・エンタテインメント株式会社LEVOLANT(ル・ボラン)編集部
会場 FUTAKO TAMAGAWA rise(二子玉川ライズ)イベントスペース「ガレリア」
東京都世田谷区玉川 2丁目21
入場形態 入場無料/雨天開催(新型コロナ感染症拡大防止策を実施)


関連サイト
ソニー株式会社

ABOUT THE AUTHOR / 

ロボスタ編集部
ロボスタ編集部

ロボスタ編集部では、ロボット業界の最新ニュースや最新レポートなどをお届けします。是非ご注目ください。

PR

連載・コラム