テレビCMに登場する「メディエイド:アンドロイド」ってなんだ? 「真マジンガーZERO」の余湖裕輝氏原画、Zeppetがキャラクター制作

「真マジンガーZERO」などを手掛けたコミッククリエイター余湖裕輝(よご ゆうき)氏の原画を、特殊造形スタジオ Zeppet がカタチにしたアンドロイドがTVCMの主役となる。

■【動画】MEDIAID TVCM 30s

整形外科分野に特化した医療メーカーである日本シグマックス株式会社は、同社が生み出したサポーター専業ブランド「MEDIAID(メディエイド)」のTVCMを制作し、2021年4月2日より放送開始することを同年3月29日に発表した。同社初となるTVCMの制作は特殊造形スタジオ Zeppet work shopと映像制作会社ドラゴン東京が担当。撮影の様子を収めたメイキング映像をYoutubeチャンネルにて公開している。


余湖裕輝氏と特殊造形スタジオ Zeppet によって生み出された主役のアンドロイドは、日本が世界に誇る繊細な美意識と丁寧な手仕事、そして高精大型3Dプリンタが生み出した身体の悩みや痛みのない理想の姿としてCM内で躍動している。

■【動画】TVCMメイキング

【STAFF LIST】企画制作:一広クロス+ナカハタ+ドラゴン東京、クリエイティブディレクター/コピーライター:佐倉 康彦 氏(ナカハタ)、演出:鈴木 則彦 氏、撮影:瀬野 敏 氏、照明:田中 義弘 氏、ロボットデザイン:余湖 裕輝 氏、形/操演:Zeppet、CG:Blast、音楽:渡辺 秀文 氏(合同会社W)、編集:デジタル・ガーデン、プロデューサー:富山 拓哉 氏(ドラゴン東京)、岡本 泰弘 氏




Zeppetによる近未来型アンドロイドが、MEDIAIDの理想世界を表現

▼ 特殊造形スタジオZeppetの最新アート&技術が生んだアンドロイド

(MEDIAID特設サイトより) 映画やTV番組などで様々な特殊造形を創り出しているZeppetが、アンドロイド製作を担当。原画のイメージをモデリングし、高精密大型3Dプリンタを駆使して生み出しました。近未来、宇宙ステーションから地球を見つめるその姿は、身体の痛みや悩みのない理想形です。

▼ 原画は「真マジンガーZERO」などを手掛けた余湖裕輝さん

(MEDIAID特設サイトより) CMに登場するアンドロイドは、「真マジンガーZERO」などを手掛けたコミックアーティスト余湖裕輝氏の手によるもの。スポーティーなイメージで、曲線的な女性型アンドロイドを目指しました。 「腰」「肘」「膝」「手首」の各部位にはメディエイドロゴが入っています。

▼ 人形操作の特撮シーンも、Zeppetのエキスパートが担当

(MEDIAID特設サイトより) アンドロイドのシーンは、横浜の大型スタジオにて撮影。スムースな指先の動き、ダイナミックな足の運びなど、実際の人間の動きをイメージしながら、人形操作で表現しています。今回、現場でのアンドロイドの動きは、すべてZeppetのエキスパートの手によるものです。




メディエイドTVCM「MEDIAID:アンドロイド<登場>篇」放送予定

2021年4月2日(金)より、日本テレビ「ZIP!」(関東のみ)にて放送。 5月からは札幌テレビ放送、北海道文化放送、中京テレビ、東海テレビでも放送する。

■【動画】MEDIAID TVCM 15s


MEDIAID特設ページ(MEDIAID公式サイト内):https://mediaid.sigmax.co.jp/special/tvcm/

ABOUT THE AUTHOR / 

ロボスタ編集部
ロボスタ編集部

ロボスタ編集部では、ロボット業界の最新ニュースや最新レポートなどをお届けします。是非ご注目ください。

PR

連載・コラム