スナックのママをAI化してDX!お悩み相談チャットボット 「よしこ」先進の聞き上手技術を導入して青山商事が提供開始

スナックのママという、日々多くの人の話しを聞き、時にはアドバイスをくれる今の時代に求められる温かみのあるコミュニケーションをチャットボットで実現した。

AIチャットbot「WhatYa」を開発・運用する株式会社空色は、利用者の悩みを開放する場をつくりたいという思いで、社会進出後の働く若者をサポートするサービスを開始している青山商事株式会社に対し、2020年11月から洋服の青山オンラインストアでチャットサービスの提供を開始している。

今回、同社は、新型コロナウィルスでストレスや悩みを抱えるビジネスパーソンをサポートする、青山商事への新たな取り組みとして、スナックのママたちの聞き上手さやアドバイスをビックデータ化し、いつでもどこでも悩みを聞いてくれる日本初のAIチャットボット「スナック よしこ」をサービス開発し提供したことを2021年7月7日に発表した。





“働く若者のストレスや悩みを解放する場”「スナックよしこ」

AIチャットボット「スナック よしこ」は、身近な関係だからこそ言えない悩みをAIチャットボットに相談できるサービスだ。青山商事では、総インタビュー時間50時間を費やし、ママたちの聞き上手さや悩みに対するアドバイスを収録。それら情報を同社で解析・ビックデータ化し、いつでも、どこでも、ママたちの優しさや温かさを感じることができるAIチャットボット「スナックよしこ」を開発した。同チャットボットへの相談内容は、例えば「仕事を辞めようかな」「上司が任せてくれない」「ビジネス用語がわからない」など、まさにスナックのワンシーンのように気軽になんでも相談できる。

■【動画】よしこ 登場篇

■【動画】よしこ DX篇




“オンライン接客の差が売上の差になる”チャットサービス「WhatYa」

seful(役に立つ)と Delightful(楽しい)をコンセプトとした「WhatYa」は、顧客一人ひとりとの結びつきを強め、LTV(顧客生涯価値)をあげるためのチャットサービスだ。販売機会を逃さないハイブリッドなチャット戦略や、接客のプロがアップデートし続けるサービスロジック、チャット応対に”ブランドらしさ”を反映でき、会話からインサイトを導き出せるセールス特化型であることが特徴となっている。

「WhatYa」公式ページ:https://service.solairo.co.jp/
「スナック よしこ」サイトURL:https://www.y-aoyama.jp/campaign/chat_bot/
ロボスタFacebookで最新ニュースが届く【フォロワー2万5千人突破!!】
ロボット、AI、スマートスピーカー、ビッグデータ、自動運転、xR、ドローンなど最新情報が満載
ロボットスタート「ロボスタ」 Facebbok公式ページ

ABOUT THE AUTHOR / 

ロボスタ編集部
ロボスタ編集部

ロボスタ編集部では、ロボット業界の最新ニュースや最新レポートなどをお届けします。是非ご注目ください。

PR

連載・コラム