位置情報活用でペット愛好家への効果的に広告配信 マーケティングサービス「ぺティ」産経デジタルが提供開始

株式会社産経デジタルと株式会社unerryは、ペット愛好家とペットサービス事業者を結びつけるOMOマーケティングの新サービス「petie」(ぺティ)の提供を2021年8月より開始することを発表した。


サービス事業者とペット愛好家を結びつけるマーケティングサービス

「petie」(ぺティ)はunerryが運営する日本最大級のリアル行動データプラットフォーム「Beacon Bank」に蓄積されるスマートフォン位置情報ビッグデータをAI分析することで、ペットサービスと親和性の高い行動をしているペット愛好家への効果的なアプローチが可能となる。また、オンラインへの集客だけではなく、リアル店舗への集客・販促についても、ターゲティング広告の効果測定が可能となる仕組み。さらに、店舗やエリア、イベントへの来訪者・来場者情報を分析することで、商圏や、よりリアルなペット愛好家像を把握し、商品やサービスの訴求ポイントやその届け方のヒントを得ることができる。


産経デジタルは2019年10月より、愛犬家・愛猫家による会員制隠れ家プラットフォーム「cachette」(カシェット)を運営し、「cachette」ではペットに関する専門知識を持つ多彩なスペシャリスト、コントリビューター、及び30社以上のオフィシャルブランドと提携。会員同士の交流の場となるほか、オリジナルコンテンツも提供している。また、多くのペットサービス事業者から集客に関する悩みや商品の訴求方法について相談されたりなど、成長・拡大を続けているペット関連市場において、ペット愛好家とペットサービス事業者双方を結ぶプラットフォームとして期待が高まっている。


位置情報ビッグデータを活用したOMOマーケティングに強みを持つunerryは、これまでもデジタルマーケティングの領域で「cachette」の成長を支援してきた。2社はそれぞれのノウハウとテクノロジーを掛け合わせることでペット愛好家とペットサービス事業者の結びつきをより多彩で強固なものとするため、ペットサービス事業者に向けた新たなOMOマーケティングサービス「petie」(ぺティ)を共同開発することとなった。


サービス提供にあたってコメント

株式会社産経デジタル ビジネスマネジメント本部 本部長 宮本 博史 氏

ペットとのオシャレなライフスタイルを提案するサイト「cachette」は、ハイクオリティのコンテンツやオリジナルの商品が豊富に揃っており、目の肥えた飼い主から好評を得ております。ペット市場は年々増加しており、その暮らし方も多様化しております。最近ではお客様から、きめ細かいセグメンテーションされた飼い主へのアプローチについて、ご相談を受けることが多くなってきました。

そのような中、国内最大級のリアル行動のビッグデータを持つunerry様と共同で「petie(ペティ)」を開発いたしました。「petie(ペティ)」は広告効果だけでなく、販売促進や精度の高い集客が可能なので、効果の高いプロモーションを実感できると確信しております。

株式会社unerry Beacon Bank事業部 サービスプロデューサー 星雄大 氏

この度、産経デジタル様との共同商品「petie(ペティ)」をローンチする運びとなり、大変嬉しく思います。このサービス名には、豊かで健やかなペットライフをおくっていただくために、「ペット愛好家とサービス事業者様を強固に結びつけるプラットフォームになってほしい」という想いがこめられています。自社サービスの認知拡大や訴求方法に悩まれるペットサービス事業者様にとって画期的な商品となっておりますので、是非お問い合わせ・ご活用いただければと思います。

また、今後は産経デジタル様が運営されている様々なバーティカルメディアとの連携も視野に入れ、ユーザー体験・サービス事業者様への提供価値の向上に2社で努めてまいります。

ABOUT THE AUTHOR / 

山田 航也
山田 航也

横浜出身の1998年生まれ。現在はロボットスタートでアルバイトをしながらプログラムを学んでいる。好きなロボットは、AnkiやCOZMO、Sotaなどのコミュニケーションロボット。

PR

連載・コラム