} ロボットスタートとヴイストン、Sotaの一般販売に向けて様々な取り組みを開始! | ロボスタ

ロボットスタートとヴイストン、Sotaの一般販売に向けて様々な取り組みを開始!

sota01

ヴイストンが開発した普及型社会的対話ロボット「Sota(ソータ)」の一般販売に向けて、ロボットスタートが協力させていただくことになりました。

ロボットスタートは創業以来、様々なロボットアプリ開発環境の知見を得ながら、ロボットアプリデベロッパーネットワークを構築してきました。今後、このノウハウを活かして、2社で協力しながらSotaの一般販売に向けて様々な取り組みを進めていきます。

詳細はプレスリリースをご覧ください。

sota02

家庭にロボットのある世界を夢見て、引き続き頑張っていきます。

まず、Sotaの勉強会を今週末に行う予定です。ロボットスタートfacebook/Twitterにて近日中に詳細告知予定ですので興味のある方はチェックしてくださいね。

ということで、今後共よろしくお願いします!

ABOUT THE AUTHOR / 

中橋 義博
中橋 義博

1970年生まれ。中央大学法学部法律学科卒。大学時代、月刊ASCII編集部でテクニカルライターとして働く。大学卒業後、国内生命保険会社本社において約6年間、保険支払業務システムの企画を担当。その後、ヤフー株式会社で約3年間、PCの検索サービス、モバイルディレクトリ検索サービスの立ち上げに携わる。同社退社後、オーバーチュア株式会社にてサービス立ち上げ前から1年半、サーチリスティングのエディトリアル、コンテントマッチ業務を担当する。2004年に世界初のモバイルリスティングを開始したサーチテリア株式会社を創業、同社代表取締役社長に就任。2011年にサーチテリア株式会社をGMOアドパートナーズ株式会社へ売却。GMOサーチテリア株式会社代表取締役社長、GMOモバイル株式会社取締役を歴任。2014年ロボットスタート株式会社を設立し、現在同社代表取締役社長。著書にダイヤモンド社「モバイルSEM―ケータイ・ビジネスの最先端マーケティング手法」がある。

PR

連載・コラム