「ロボホン」法人向けプランを6月27日(月)より開始! 法人からの需要増を受け

シャープは、モバイル型ロボット電話『ロボホン』の法人向け販売ならびにサービスの提供を6月27日(月)より開始することを発表した。

「ロボホン」は5月の販売開始以来、公式サイトにおいて個人のお客様を対象に「クラウドサービス(「ココロプラン」)」「回線(モバイル通信サービス)」「製品保証(保守パックサービス)」の各種サービスを提供している。

そして、法人のお客の需要が増加していることから、この度新たに法人専用窓口を設置。販売ならびにサービスの提供を始めることになった。購入の際に必要な見積書や請求書の発行も対応する。

契約は年間契約となっており、ビジネス基本プランとビジネスケアプランの2つのプランが用意されている。ビジネス基本プランは一年間で15,000円(税抜)で、ロボホンのすべての機能を使用することができる。ビジネスケアプランは初年度が55,200円(税別)、2年目以降が60,000円(税別)となっており、ロボホンが故障した時に修理料金を年間2回まで補填してもらうことができる。いずれも本体代金は別途かかる。ロボホン本体にスペックの違い等はなく、家電量販店などで購入したロボホンに対しても、購入時に法人プランを適用することが可能だ。


sharp-hojin

シャープは、「今後も、『ロボホン』の用途拡大に向け積極的に取り組んでいきたい」と語っている。

▼ ロボホン法人窓口
https://robohon.com/corporation/index.php

ABOUT THE AUTHOR / 

望月 亮輔
望月 亮輔

1988年生まれ、静岡県出身。ロボスタ編集長・ロボットスタート株式会社取締役。2014年12月、ロボスタの前身であるロボット情報WEBマガジン「ロボットドットインフォ」を立ち上げ、翌2015年4月ロボットドットインフォ株式会社として法人化。その後、ロボットスタートに事業を売却し、同社内にて新たなロボットメディアの立ち上げに加わる。

PR

連載・コラム