雑音に強く音声認識に優れたロボット「チャピット」の本格販売の開始をレイトロンが発表

株式会社レイトロンは2016年8月22日、コミュニケーションロボット『チャピット』を本格的に販売開始したことを発表した。

chapit-02

『チャピット』の最大のウリは高精度な「音声認識機能」

生活雑音環境下でも離れた場所から音声を聞き取ることができる音声認識機能には、同社が独自開発した「ボイスマジック」(Voice Magic)を搭載。チャピットから2~3m離れていても認識でき、静かな場所ではもちろんのこと、テレビの音声や家族の話し声、その他の生活雑音が存在する環境でも人の音声を認識するとしている。また、話しかけてから答えを返すまでの間隔は0.2秒とのこと。

また、同社では、従来は音声認識の際に特定のスイッチを押すなどのきっかけが必要だったが、チャピットはその必要が無いという。これを「Always Listening」(オールウェイズリスニング)機能と呼び、完全ハンズフリーでの会話を実現しているため、よりスムーズな会話を楽しむことができるとしている(自動音声区間検出(特許取得済み))。

実生活で使える音声認識性能の研究として北海道大学大学院と産学共同開発を行ったもの。
発売は8月22日より。価格は145,800円(税込)。



チャピットの主な機能

(1) コミュニケーション機能
テレビの音声など生活雑音が存在する環境でも人の音声を認識し、自然な会話をしているように話すことができる。

(2) 家電コントロール機能
テレビや照明など家電製品を音声で操作。リモコン信号を記憶させるだけで、チャピットが音声リモコンになり家電を操作してくれる。

(3) レクリエーション機能
都道府県クイズや暗記ゲームなど好きなレクリエーション機能を選択できる。簡単なものから難しいものまで300問以上を用意。

(4) タイムサポート機能
アラーム機能や服薬の時間設定ができるほか、曜日の管理もできるのでゴミの日などの日毎の予定も管理。

同社では、例えば、単身者が1ヶ月分のスケジュールを登録し管理したり、子どもたちや日本語を学びたい人との話し相手であったり、家電のリモコン操作をロボットで話しかけて行うなど、コミュニケーションロボットが一家に1台という時代が訪れるのも遠い未来ではないかもしれない、としている。


カラーは標準品がベージュ、その他オプションとして下記の4色が用意されている。
chapit-03

■チャピットの公式ホームページ
http://www.raytron.co.jp/products/chapit
■【恐るべき音声認識】Chapitについて調べてみたよ!(ロボスタ)
https://robotstart.info/2015/10/13/raytron-chapit.html

ABOUT THE AUTHOR / 

ロボスタ編集部
ロボスタ編集部

ロボスタ編集部では、ロボット業界の最新ニュースや最新レポートなどをお届けします。是非ご注目ください。

PR

連載・コラム