【最大耐荷重10kg】世界初、2本のロボットアームをもつ直接作業型大型ドローン、愛知のドローンメーカーが開発

愛知県名古屋市のドローンメーカー株式会社プロドローンは、この度、2本のドローン専用ロボットアームを装備した直接作業型大型ドローン「PD6B-AW-ARM」を開発したことを発表した。


drone-prodrone-03

PD6B-AW-ARMは、20kgという大きなペイロード(最大積載量)を持つPD6B-AWを基本プラットフォームに、今回新たに独自開発した、高機能の5軸ロボットアームを2本搭載している。幅広い用途における直接的作業が可能だという。ロボットアームの最大耐荷重は約10kg、最大飛行時間は30分。

2016年9月7日から9日まで米国ラスベガスで開催される産業用ドローン見本市「InterDrone2016」のPRODRONEブースにおいて参考展示される。

PRODRONEは、B2B企業として、これまで多くの産業用ドローン事業者からの開発依頼をうけて様々な産業用ドローンを開発してきた。産業用ドローン市場では、これまで主にドローンを使用して映像を撮影する、測量する、農薬を撒く、測定する等の作業が行われているが、昨今では、ドローンによる「直接的作業」を行えるようになることが強く望まれているという。


drone-prodrone-01

水の入ったボトルを運ぶ様子(画像出典:[PRODRONE]Dual Robot Arm Large-Format Drone PD6B-AW-ARM(No Subtitles)

直接的作業の例としては、アームで色々な形の物を掴んで運ぶ、設置する、ケーブルなどを切断する、繋ぐ、ダイヤルを回す、スイッチを押す・切り替える、浮き輪など救助具を投下する、危険物等を回収するなど、高所や遠距離、また人間が近づけない危険な場所においてドローン自体が直接実行できる様々な作業等が挙げられる。


ABOUT THE AUTHOR / 

ロボスタ編集部
ロボスタ編集部

ロボスタ編集部では、ロボット業界の最新ニュースや最新レポートなどをお届けします。是非ご注目ください。

PR

連載・コラム