Amazonが「Amazon Robotics」を国内で初導入、棚入れ・棚出し工程の効率化へ

総合オンラインストア「Amazon」は、12月6日(火)から12月12日(月)まで開催中の「1週間のビッグセール”サイバーマンデーウィーク 2016″」の初日に、国内で13か所目の新しい物流拠点「アマゾン川崎FC(フルフィルメントセンター)」にて、国内で初導入となる「Amazon Robotics(アマゾン ロボティクス)」を公開した。


robotics

「Amazon Robotics」(”可動式の商品棚”と”ドライブ”)

毎年12月第2月曜日、米国では「Cyber Monday」と呼ばれ、オンラインショッピングの売上が急増、ネットショッピングが1年で最も盛り上がる日としても知られている。
日本でもAmazonが12月第2月曜日を日本版の「Cyber Monday」として記念日申請し、2012年に日本記念日協会に認定された。

Amazonでは、2012年から日本での「サイバーマンデー」に合わせた1週間のセールを開催しており、その規模が毎年、拡大している。また、Amazonプライム会員数の増加により、「サイバーマンデーウィーク」を皮切りとするホリデーシーズンの買い物需要が年々、高まっている。


amazon

「1週間のビッグセール “サイバーマンデーウィーク 2016″」 トップページ

このことを背景に、今回、国内で初めて川崎FCに「Amazon Robotics」を導入。”可動式の商品棚”とその商品棚を動かす”ドライブ”から成り立ち、入荷商品の”棚入れ”およびお客様のご注文商品の“棚出し”の工程を担う。

「Amazon Robotics」が自動的に従業員の元へ棚を搬送することで、商品入荷から出荷までの工程処理時間の短縮、効率化が可能になった。

― ジェフ ハヤシダ氏(アマゾンジャパン合同会社 社長/
物流およびカスタマーサービス事業統括)のコメント ―



「川崎FCで『Amazon Robotics』を導入したことにより、年々、お客様からのご注文が増加傾向にある『サイバーマンデーウィーク』においても、さらに高い配送品質でお客様に商品をお届けできることを大変嬉しく思います。『地球上で最もお客様を大切にする企業であること』というビジョンに基づき、引き続き物流体制の強化に努めることで、より快適なオンラインショッピング体験を提供したいと考えています。」


ABOUT THE AUTHOR / 

ロボスタ編集部
ロボスタ編集部

ロボスタ編集部では、ロボット業界の最新ニュースや最新レポートなどをお届けします。是非ご注目ください。

PR

連載・コラム