誰でもPepperを操れる「Pepper Maker」が発表! プロジェクトリーダーにはロンドンブーツ田村淳氏

ソフトバンクロボティクス株式会社は、人型ロボット「Pepper」の一般販売モデル向けの新しいロボアプリとして、「Pepperがあなたの生活を進化させる」をテーマに開発したロボアプリを2017年2月8日以降、アプリストアを通じて順次提供することを発表した。

いくつかのアプリが準備されている中でも、一番の目玉は、Pepperのオリジナルの動きやセリフを簡単に作成してSNSで共有できるアプリ「Pepper Maker」だ。

pepper-maker-03

「Pepper Maker」の画面

Pepper Makerは、「約250種類の動きや、約150種類の音や画像、約70種類のセリフなどから好きなものを組み合わせることで、Pepperのオリジナルの動きを簡単に作成可能(公式ページより)」というもの。

これまでPepperを動かすためには、Choregraphe(コレグラフ)というPepper用のSDKを触る必要があり、使いこなすためにはそのChoregrapheの知識が必要だったが、今回発表された「Pepper Maker」を使うことで、Pepperを触ったことがない子供でもパソコン上からPepperの動きを簡単に作ることができる。Pepper Makerは、センサー制御には対応していないため、簡単な機能に特化して、気軽にPepperを動かすことができるというのが特徴だ。

さらにこの作成した動きをSNSに投稿することで友達と共有したり、スマートフォン上でPepperを楽しむことができるようになるという。


pepper-maker-01
実際にPepperを持っていない方でも、パソコンで画面に表示されるバーチャルなPepperを見ながら作成して楽しめるだけでなく、Pepperを所有している人に作品を共有すると、Pepperでその動きを再現することが可能だ。

ソフトバンクロボティクスは併せて、「Pepper Maker」を広く知ってもらうことを目的とした「Pepper Maker プロジェクト」を2月8日より立ち上げることを発表した。プロジェクトリーダーには、Pepperを所有しているロンドンブーツ1号2号の田村淳氏を迎える。

また、同プロジェクトの一環として、「Pepperで大切な人を笑顔に」をテーマに、大切な人へのメッセージを伝える「Pepper Maker」の作品を募集し、優秀作品を選ぶ「Pepper Makerコンテスト」を3月14日まで実施する。


pepper-maker-02

「Pepper Makerコンテスト」が開催される


「Pepper Maker」は、明日2月8日より配布が予定されている。

ABOUT THE AUTHOR / 

ロボスタ編集部
ロボスタ編集部

ロボスタ編集部では、ロボット業界の最新ニュースや最新レポートなどをお届けします。是非ご注目ください。

PR

連載・コラム