「Ura pepper world 2017」は明日開催! Pepperが10体集結、もう一度見たい過去のアプリの展示も

2015年12月以来、約1年3ヶ月ぶりとなるとなる、「Ura pepper」のイベント「Ura pepper world 2017」(裏ペッパーワールド)がついに明日3月18日(土)に開催されます。

「Ura pepper world 2017」とは、過去2回行ってきた「Ura pepper challenge」にお祭り感を加えたようなイベントで、計約10体のPepperが会場を盛り上げてくれます。

L1001548

L1001607

過去の開催の様子

主催は、パルスボッツのCEOである美馬直輝さん、ロボットパートナーとして活躍する太田智美さん、そしてロボスタ編集長の望月亮輔の3名。

当日はお酒を片手に楽しめるコンテンツがたくさん用意されています。タイムスケジュールは以下の通りです。

タイムスケジュール

12:30 開場
13:00 開演の挨拶
13:05 オープニングバズーカー末宗 佳倫
13:10 オープニングアクト mirai capsule
13:30 基調講演 松本 裕史
13:45 講演(順序未定)
池上 勲、世羅 孝祐、前田 彰太、ほか
15:00 ura pepper world(展示)
Pepper神社、ロボコイン、バーテンダー for Pepper、
某パーティアプリ、ISETAN meets Pepper 夏の思い出 ほか
16:00 ura pepper challenge(順序未定)
「Pepperホロレンズ連携」ホロレンジャーズ
「Pepperとなんかやる」太田智美
「ペッパ・ピア 連続殺人事件」Fublack近藤&吉村
「ヤンウイルス」三鍋洋司
18:30 結果発表
19:00 クロージング

16時から開催される「ura pepper challenge」では、本家の「Pepper App Challenge」で過去に最優秀賞に輝いてきた方々や、今年賞を授賞した方々など、豪華な面々が「常識を覆さない可能性を秘めたロボアプリ」を競い合います。

審査基準は以下の4つです。

【課題未解決】身の回りの課題を解決できていないこと
※基本的に実証実験は行わず、訴求するデータがないことを推奨いたします

【革新性のなさ】
新たな領域、課題、技術にチャレンジしていないこと

【実用性のなさ】
実現性がうすく、運用面においても利用継続の配慮がないこと

【否独創性】
ロボットの価値を妄想し、他者と平等に楽しめること

審査員は、Happy Hack inc.代表の三鍋洋司さん、株式会社スマートロボティクスの河田卓志さん、OYOYO PROJECTのやまうちひろみつさんという、とても豪華な3名です。


L1001609
参加費は、お酒を飲む人が3,000円、お酒を飲まない人が2,000円で、高校生以下は無料です。会場は、東京メトロ日比谷線から徒歩1分のところにある、「SOOO dramatic!」というスペースです。外からでも室内の様子を見ることができるため、通りがけにイベントの一部をご覧頂くこともできます。

明日は、ロボットや業界の関係者と過ごす楽しい1日にしてみてはいかがでしょうか?

関連サイト
参加申し込みページ

ABOUT THE AUTHOR / 

ロボスタ編集部
ロボスタ編集部

ロボスタ編集部では、ロボット業界の最新ニュースや最新レポートなどをお届けします。是非ご注目ください。