資生堂が化粧品業界で世界初「人とロボットの協働作業」へ!組立工程で人と共に作業する人型ロボットを試験導入

資生堂はメーキャップ製品の組立工程に産業用人型ロボットを試験導入した。
2017年3月より静岡県掛川工場に導入し、形や材質の異なる複数のパーツを作業者1名、人型ロボット2台で組み立てて、最終製品に仕上げる。この試みは化粧品業界では世界初となる。



化粧品業界では、消費者の嗜好の多様化に合わせ、多品種少量生産に適応した新たなモノづくり対応が課題となっている。同時に、国内全体で問題となっている労働力不足は化粧品業界も例外ではない。

特に構成材料が多く、ケース組立やレーベル貼付など、工程が複雑なメーキャップ製品の生産ラインでは人の感性に頼るしかない検査もあり、人手に頼った生産が主流となっている現状がある。

sub1
繊細な動作にも対応出来る人型ロボット

こうした課題に対処するため、経済産業省「平成28年度ロボット導入実証事業」を活用し、ロボットシステム開発で先進するグローリー株式会社とともに、「人とロボットの協働作業」による新たな生産システムの開発、実証、導入を行うこととなった。


人型ロボットは、機械や従来の産業用ロボットでは自動化が困難であった工程を担い、作業者は微細なキズ等を発見する検品作業に専念することにより、確かな品質を守れるとのことだ。

sub2
多様な形状・多彩な作業に対応出るハンド

同社では、今後ロボットの活用により、人手に頼った生産体制を見直し、複数の生産ラインを一人で管理・検査・判断する等、人の能力を最大限に活用できるモノづくりへと変革することが求められているとして、今回の開発の成果をさらに展開・発展させ、将来的には作業者負荷を低減した効率的なモノづくりと、より高次元でのロボット同士の作業共有できるAI技術革新を目指すと述べている。

ABOUT THE AUTHOR / 

ロボスタ編集部
ロボスタ編集部

ロボスタ編集部では、ロボット業界の最新ニュースや最新レポートなどをお届けします。是非ご注目ください。

PR

連載・コラム