AI音声アシスタント市場が過熱! 2020年までに市場規模は2,275億円へ

米国で発表されているAI音声アシスタント(スマートスピーカー、ボイスアシスタント)の普及予測のレポートが興味深いので、一部紹介したい。



スマートスピーカーは2020年に2,275億円市場に

Gatnerのレポートでは、世界のスマートスピーカーの市場規模は、2015年3.6億ドル(390億円)、2020年に21億ドル(2,275億円)に急成長すると予想している。全世界での世帯普及率は3.3%。そしてスマートスピーカー所有者のうち、75%の世帯が少なくとも1台、20%が2台、5%が3台以上所有するという。


Photo : robot stat inc.

Gatnerはスマートスピーカーの普及により、家庭内のオンラインショッピングのオーダーはスマートスピーカー経由になると予想している。音声でのやりとりが当たり前になると、操作の手間が減り、全体的なユーザーエクスペリエンスが向上するという指摘も正しいだろう。



現時点で「63%」の認知度

消費者向けのメディア・テクノロジーの最新レポート「2017 Infinite Dial」によれば、既にAmazon EchoやGoogle Homeなどのスマートスピーカーは、現在アメリカ人の63%が認識しており、およそ7%は少なくとも1台のスマートスピーカーを所有しているという。


Graph : The Infinite Dial 2017 – Edison Research

Triton DigitalのMarket Development社長兼ジョン・ロッソ氏は、「現在スマートスピーカーを所有しているアメリカ人は7%おり、コンテンツ制作者はこの成長する市場セグメントに細心の注意を払うことが賢明だろう。」と語る。

僕はこう思った:

凄まじい速度での普及予測には驚きですが、一番気になるのは日本市場はどのようになるのかというところです。PCやスマートフォンのように海外製品が日本で当たり前に使われるようになるのか、日本独自のスマートスピーカーが国内市場を席巻するのか・・・引き続き継続ウオッチしていきます。


ABOUT THE AUTHOR / 

中橋 義博
中橋 義博

1970年生まれ。中央大学法学部法律学科卒。大学時代、月刊ASCII編集部でテクニカルライターとして働く。大学卒業後、国内生命保険会社本社において約6年間、保険支払業務システムの企画を担当。その後、ヤフー株式会社で約3年間、PCの検索サービス、モバイルディレクトリ検索サービスの立ち上げに携わる。同社退社後、オーバーチュア株式会社にてサービス立ち上げ前から1年半、サーチリスティングのエディトリアル、コンテントマッチ業務を担当する。2004年に世界初のモバイルリスティングを開始したサーチテリア株式会社を創業、同社代表取締役社長に就任。2011年にサーチテリア株式会社をGMOアドパートナーズ株式会社へ売却。GMOサーチテリア株式会社代表取締役社長、GMOモバイル株式会社取締役を歴任。2014年ロボットスタート株式会社を設立し、現在同社代表取締役社長。著書にダイヤモンド社「モバイルSEM―ケータイ・ビジネスの最先端マーケティング手法」がある。

PR

連載・コラム