ロボホンやタピアなども採用中の音声合成「VoiceText」の新製品も公開予定 HOYAサービスが「第6回IoT/M2M展 春」出展

「VoiceText」の新製品、導入実績などを紹介

HOYAサービス株式会社(以下HOYAサービス)音声ソリューション事業部が、2017年5月10日から12日かけて東京ビッグサイトで開催される「第6回IoT/M2M展 春」に出展する。

「IoT/M2M展」とは、日本最大のIT専門展「2017 Japan IT Week 春」内の展示会で、「IoT(Internet of Things)」「M2M(Machine-to-Machine)」に特化した展示会だ。

会期中、HOYAサービスは音声合成ソフトウェア「VoiceText」の新製品、導入実績などを紹介するブースを出展する。



タイ語、ポルトガル語などを追加

「VoiceText」はタイ語、ポルトガル語を追加し全11言語に対応できることとなった。


HOYAサービスWebサイト上のデモンストレーション

日本語では「聞き取り易さ」を重視して開発を行った女性のRISA(リサ)、男性のAKIRA(アキラ)を始め、男女計10話者を出展。
新言語としてタイ語女性SOMSI(ソムシー)、男性SARAWUT(サラウット)、ポルトガル語(ブラジル)女性HELENA(ヘレナ)、男性RAFAEL(ラファエル)などが出展される。

また、喜び、怒り、悲しみを表現する「感情音声合成」、お客様独自の音声合成を作ることが出来る「オリジナルボイス」、キャラクター性を重視した音声合成「キャラクターボイス」の技術展示も行う。

シャープの「ロボホン」、MJIの「タピア」、講談社がプロデュースした「ATOM」、ユカイ工学の「BOCCO」など多くのロボットに搭載されている「VoiceText」。その最新技術動向を体感できる展示になるのではないだろうか。


第6回 IoT/M2M展(2017 Japan IT Week春)
会期:2017年5月10日(水)~2017年5月12日(金)
時間:10:00~18:00 (最終日のみ17:00終了)
会場:東京ビッグサイト
小間:西15-36

ABOUT THE AUTHOR / 

ロボスタ編集部
ロボスタ編集部

ロボスタ編集部では、ロボット業界の最新ニュースや最新レポートなどをお届けします。是非ご注目ください。