まさにロボコップ!Knightscopeの警備ロボットK5が見事な仕事!

カリフォルニアのロボットメーカー、Knightscope本社近くで、同社セキュリティロボットK5が突如男に暴行を受けた。暴行を検知したロボットは警察に通報し、結果男は逮捕されたという。Business Insiderが報じた。



Photo: Knightscope

見事な仕事をしたロボットK5は商用施設やオフィスなど警備を行うセキュリティロボットだ。パトロールを行い異常があれば警告するという。ボディは高さ約1.5m,重さは約136kgとかなりのサイズのロボットで、これに暴行するとはちょっと想像もできない状況だが、犯人は酩酊状態で状況がよくわからなかったのかもしれない。



Photo: Knightscope

K5の見た目は突起物を極力配しており、先が少し尖り気味のR2-D2のようなデザインに見える。内部には各種センサーや、車輪で駆動するシステムが組み込まれている。



Photo: Knightscope

Knightscope製のセキュリティロボットにはK5以外にもK3などもラインナップされている。




動画で見るとその動きもよくわかるので興味のある方は是非ご覧いただきたい。


僕はこう思った:

NTTドコモ・ベンチャーズがKnightscopeに出資してるんですよね。日本導入も期待したいところです。



ABOUT THE AUTHOR / 

中橋 義博
中橋 義博

1970年生まれ。中央大学法学部法律学科卒。大学時代、月刊ASCII編集部でテクニカルライターとして働く。大学卒業後、国内生命保険会社本社において約6年間、保険支払業務システムの企画を担当。その後、ヤフー株式会社で約3年間、PCの検索サービス、モバイルディレクトリ検索サービスの立ち上げに携わる。同社退社後、オーバーチュア株式会社にてサービス立ち上げ前から1年半、サーチリスティングのエディトリアル、コンテントマッチ業務を担当する。2004年に世界初のモバイルリスティングを開始したサーチテリア株式会社を創業、同社代表取締役社長に就任。2011年にサーチテリア株式会社をGMOアドパートナーズ株式会社へ売却。GMOサーチテリア株式会社代表取締役社長、GMOモバイル株式会社取締役を歴任。2014年ロボットスタート株式会社を設立し、現在同社代表取締役社長。著書にダイヤモンド社「モバイルSEM―ケータイ・ビジネスの最先端マーケティング手法」がある。

PR

連載・コラム