【速報】ソニーの「ロボット × 遊び」 研究が生んだ新感覚のオモチャ「toio」(トイオ)発表

ソニーが「First Flight」で新しいオモチャ「toio」(トイオ)を発表し、予約販売を開始した。
初回限定分は基本セットが¥21,557〜全部セット¥32,335(税込)、予定数量達し次第終了となる。発売予定は2017年12月1日で、市場価格としてはオープン、2万円程度を想定している。
6/1から6/4まで開催される「東京おもちゃショー2017」で発表会およびタッチ&トライを開催する。(一般デーは6/3〜4のみ)

toioの構成。本体の “toio コンソール”(中央)と、モーターが内蔵されて動き回ることのできる “toio コア キューブ”が2台(コンソールの中に装着している四角いもの)、それぞれのキューブの動きを制御する2台のコントローラー “toio リング”(つり革みたいな形状のもの)で構成される


公式ホームページによれば、トイオは「工夫する心に火がつく体感トイ」というコピーで、「ソニーの “ロボット × 遊び” 研究が生んだ、五感で遊べる・学べる、トイ・プラットフォーム」という位置付けだ。タイトルを取り替るとバトル、レース、アクション、スポーツ、アート、プログラミング発想のパズルなど、さまざまな遊びが楽しると言う。子どもたちは手を動かしながら、さらに新しい遊びを自由に生み出せる。


コントローラで操作して遊んだり、自分でプログラミングが楽しめるなど、工夫とプログラミング教育、発想力の育成などを重視した製品のようだ。動きが面白いので、ぜひ、動画を確認して欲しい。

文具で工作して戦う「クラフトファイター」をはじめとして、シューティング、パズル、チェイス、スポーツなど、5種類の遊びが楽しめる「トイオ・コレクション」も用意される予定(推定価格5,000円前後の予定)。
■toio 「トイオ・コレクション」紹介動画

「ピタゴラスイッチ」や「コんガらガっち」でおなじみのクリエイター集団「ユーフラテス」による工作生命キット「工作生物 ゲズンロイド」も動きがかなりユニーク!!
「カンタン工作をして “動きのプログラム” を注入すると、未知の生命体が動き出す!?」(公式ページのコピー)
■工作生物 ゲズンロイド

※ 写真はtoio公式写真を引用

ABOUT THE AUTHOR / 

神崎 洋治
神崎 洋治

神崎洋治(こうざきようじ) TRISEC International,Inc.代表 「Pepperの衝撃! パーソナルロボットが変える社会とビジネス」(日経BP社)や「人工知能がよ~くわかる本」(秀和システム)の著者。 デジタルカメラ、ロボット、AI、インターネット、セキュリティなどに詳しいテクニカルライター兼コンサルタント。教員免許所有。PC周辺機器メーカーで商品企画、広告、販促、イベント等の責任者を担当。インターネット黎明期に独立してシリコンバレーに渡米。アスキー特派員として海外のベンチャー企業や新製品、各種イベントを取材。日経パソコンや日経ベストPC、月刊アスキー等で連載を執筆したほか、新聞等にも数多く寄稿。IT関連の著書多数(アマゾンの著者ページ)。

PR

連載・コラム