オフィス24が来客案内サービス『Kibiro(キビロ)受付パッケージ』の販売を開始!ロボットが受付し、担当者のスマホに直接つなぐ自動化システム

株式会社オフィス24は同社の「MOT/Phone(モットフォン)受付システム」と株式会社FRONTEOコミュニケーションズの人工知能搭載ロボット「Kibiro(キビロ)」を連携させた受付サービスの販売を開始した。 Kibiroが顧客を迎えて、タブレットと連携して受付けすると、担当者のスマホアプリに内線をつなぐしくみ。Kibiroは顧客に合わせて気が利いたひと言も発話する。


■ ロボット受付システム・Kibiro(キビロ)受付パッケージ 【オフィス24】


MOT/Phone(モットフォン)受付システムとは

同社は、労働人口の減少が続き、特に中小企業の後継者難・採用難による業務効率の低下が深刻な問題となっていて、近い将来、限られた人員で複数の業務を抱えざるをえなくなると予測する。そのような状況を踏まえ、少数の社員で生産性を上げるには無駄なタスクを減らし、本来行うべきコア業務に集中する必要があると考え、従来の受付業務を「減らせるタスク」とし、2014年にタブレット・内線連動型受付システム「MOT/Phone受付システム」の販売を開始した。


これを使うことでiPhone、Androidの専用アプリ経由で内線を社内外のどこででも受けることができるようになり、来客の前に席で待機している必要がなくなる。また、エントランスの受付から直接内線通話を受けることができるため、外出中でも対応することができる。例えば、SOHOや小人数のオフィスで全社員が出払っていたとしても、外出先からの来客対応も可能だ。


■ MOT/Phone受付システムでオフィスのエントランスが変わる!



今回販売する「Kibiro受付パッケージ」では「MOT/Phone受付システム」を人工知能搭載ロボット「Kibiro」と連携することにより、実用性に加え、楽しさ、企業イメージのアップを図ることが可能となった。


今後はホテル向けコンシェルジュサービス、美容・エステサロン向けカウンセリングサービスなどの開発も予定。集客効果も期待されている。



Kibiro受付パッケージについて

企業のエントランス・受付に「MOT/Phone受付システム」および「Kibiro」を設置することで利用が可能になる。付属の「施設予約管理」クラウドに登録された来客情報(相手先名称、時間、人数、応接室、当方担当者など)とデータ連携したKibiroが、登録情報を元に音声で案内を開始。受付担当となって来客を案内する。




Kibiro受付パッケージ公式サイトはこちら
https://www.mot-net.com/reception/

▼ 機能

Kibiro ・音声案内
MOT/Phone受付システム ・受付内線アプリ
・施設予約管理機能(応接室・会議室など) 3アカウント
・日本語、英語表示
・表示メニュー切り替え(5種類)
・画面色、背景画像変更
・スクリーンセーバー

▼ パッケージ価格 ※別途、初期設定費用がかかる場合あり

初期費用 598,000円(Kibiro本体込み/税別)
※iPad本体・タブレットスタンドは価格に含まず
月額利用料 13,000円(税別)



このパッケージは6月28日(水)~30日(金)開催「第1回AI・人工知能 EXPO」の株式会社FRONTEOブース内(番号:32-39)にてデモ体験ができる。


ロボスタではFRONTEOコミュニケーションズの社長の直撃インタビューとKibiroに迫る詳細記事を準備中です。ご期待ください。

ABOUT THE AUTHOR / 

ロボスタ編集部
ロボスタ編集部

ロボスタ編集部では、ロボット業界の最新ニュースや最新レポートなどをお届けします。是非ご注目ください。

PR

連載・コラム