須磨水族園で体験型VRコンテンツや全天球映像のイベントを開催!ソフトバンクが企画と技術提供

ソフトバンク株式会社は、「スマスイ」こと神戸市立須磨海浜水族園の開業60周年イベント向けにVR技術を活用した体験型コンテンツ「Fish Collection Challenge」と、全天球映像コンテンツ「サンロクマル水族館」を企画・提供することを発表した。

全天球映像コンテンツの撮影風景

この体験型イベントは「スマスイで新感覚体験 最新テクノロジーで水中世界を楽しもう!!『未来水族感』」との名称で開催、2017年7月15日から8月17日までの期間限定で実施される。



VRコンテンツの概要


体験型コンテンツ「Fish Collection Challenge」

全てCGで表現されたVR空間の中に浮かび上がる“魚のもと”を、コントローラーを使ってつかんで水槽へ投げ入れ、水槽内の生き物を増やしていく体験型コンテンツ。水槽内に顔を沈めて生き物を観賞したり、VR空間を周回するクジラを観賞したりすることができる。最大で大人4名、子供4名同時に体験可能。


■ Fish Collection Challenge【予告】



全天球映像コンテンツ「サンロクマル水族館」

YouTubeにアップロードされたスマスイの大水槽内を360度カメラで撮影した全天球映像を、スマートフォンと簡易ヘッドマウントディスプレーを使用して視聴することで、まるで水槽内に入ったような感覚を体験できる。予告編映像でも、ドラックして視界を自由に変更することができる(下の動画)。ハンマーヘッドシャークを見つけることができるかな?

■ サンロクマル水族館 波の大水槽 【予告編】




ソフトバンクの技術以外にも、AI搭載のロボットフィッシュ「MIRO」(AIRO社が開発)が魚と一緒に泳ぎ、本物の魚のように滑らかに体を動かし泳ぐロボットを通して、効率的な推進力の獲得など魚の動きのメカニズムを紹介するイベントも行われる予定だ。


ロボットフィッシュ「MIRO」

同水族園は、将来的にVR・AI技術が水族館での展示や解説の新たなツールとなる可能性も感じており、この展示ロボットやバーチャルとの出会いをきっかけに、改めて目の前の生きものに関心を深めてもらいたいと述べている。


▼ スマスイで新感覚体験 最新テクノロジーで水中世界を楽しもう!!「未来水族感」概要

開催期間 平成29年7月15日(土)~8月17日(木)
体験時間 10時30分~17時
※期間中の開園時間は、9時~22時
開催場所 須磨海浜水族園 エントランスホール
主催 神戸市立須磨海浜水族園
企画・協力 ソフトバンク株式会社
株式会社ハシラス


ABOUT THE AUTHOR / 

ロボスタ編集部
ロボスタ編集部

ロボスタ編集部では、ロボット業界の最新ニュースや最新レポートなどをお届けします。是非ご注目ください。

PR

連載・コラム